人気ブログランキング |

P!にっき2


AngeloさんやCUEさんについて語ってることが多いです。
by minmey
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

水戸旅。

水戸って茨城空港があって、なぜか神戸便があるのよねー。
スカイマークの。
ってことで往復飛行機で行ってきました。
スカイマークは初めてだったので、1時間くらい前には空港行っとこうと思って、結局55分前くらいについた。
JR使えば早いけど高いので阪神で。
阪急も同じ値段だけど。
空港ついて、機械にクレジットカード通したら一瞬でチケット出てきた。
検査して入ったらちょうど飛行機が着いたとこみたいで一安心。
そして、なんだかほぼ満席らしい。
みんな茨城になんの用が?
あ、離陸前、脱いだジャケット膝にかけてたらCAさんに荷物は下にしまってくださいって注意されて、意味わからんと思いつつ、大人しくしたがった。
隣のおじさんも上着膝の上に乗せてたのになんで私だけ注意されたんだろう。
だいたいジャケットって荷物か?
なんだか釈然としないまま離陸。
飛んだら寝て、起きたら富士山の近くだった。
上から見ると特に美しくもないね。
飛行機は定刻に着いて、茨城空港は地面を歩いて空港に入る方式。
で、出たらお友達がいた。
車で迎えにきてくれてて。
途中ファミレス寄ってご飯食べて、会場前の駐車場へ。
もうグッズセッティングしてたから買えるのかなー、と思って近づいて見たら、まだだと言われたのでホテルに行くことに。
このとき、ライブハウス前にスタッフさんが何故かたくさんいて、どうしたんだろうと思ってたんだけど、どうやらきりとが入る直前だったみたいね。
はちあわせなくてよかった。
ホテルは駅近くだったので、ライブハウスからはけっこう遠い。
ちょうどチェックインできる時間だったので、お友達にはロビーで待ってもらって部屋に荷物置いてきた。
部屋入ったら畳みにベッドでちょっとびっくりした。
とりあえず大きい荷物は置いて、身軽になってあらためてライブハウスへ。
物販やってたのでパンフとロト5回やった。
なぜか横向きのばっかりでて、同じキリト2、同じコータ2、ギルでしたが、コータはいっこタケオさんと交換してもらった。
まだ時間があるので近くの百貨店にお茶しに行った。
お腹いっぱいだったけど。
だいたいいいころに駐車場にもどって開場時間までぬくぬくと車にいたんだけど、うっかり開場時間を勘違いしてて、15分前には出てきてしまった。
中入ったらまず2階を見て、最前はあいてないけど、端っこはスピーカーで見えなさげなので2列目でもいいかと2階へあがる。
そしたら2階にも段があったのでそこで見ることにした。
けっきょく上にはあんま人こなかったので広々快適でした。
クーラーが真後ろに設置されてたから寒かったけど。
ライブ後は車でファミレスへ。
しばしまったりしたあと駅まで送ってもらってホテルに帰還。
ちょうど大阪の選挙だったのでうっかりテレビ見続けちゃった。
畳にベッドの部屋が意外と快適で。
普通の洋室だとついついベッドに荷物を広げちゃうけど、下の畳に広げられるし。
ポメラ持って行ってたからレポ書こうと思ってたのにすぐ寝落ちてしまった。
その割に早朝からは何度も目が覚めた。
起きて、この日は帰るだかだからテキトーにメイクして、そしたらお友達からメールきて、仕事抜けて空港まで送ってくれるって!
バスはあるにはあるけど、時間がビミョーだったのでちょーありがたい。
てことでチェックアウトしてから駅に行って待ち合せ場所の下見したら、カフェでお茶。
それからダイソーの看板を見かけたので行ってマスカラ3つ買った。
この前売り切れてたから。
待ちあわせ場所で待ってたらお友達がきてくれたので空港まで送ってもらう。
空港でお別れして、検査場出たらなんかすごい人。
またしてもほぼ満席らしい。
みんな何の用事?
この日はジャケットを膝にかけてても何も言われなかったなー。
電子機器が使えるっていうからポメラでレポ書き始めたけど、あっという間に眠くなって寝て起きたらすでに兵庫県上空くらいだった。
飛行機着いて、なんだかもう一刻も早く帰りたい気分だったのでどこにも寄らずまっすぐ帰宅。
以上。
by minmey | 2011-11-30 02:50 | 旅にっき

Angelo@水戸ライトハウス

お友達に2階席をおすすめされて、行ってみたらチョー快適だった!
最前は埋まってたけど、二階席にはさらに段が設置されてたのでそこで見た。
ただ、そこは後ろ全面クーラーなので、チョー寒い。
なので動きまくった。
いつもはしないような動きもした。
基本、メンバーからは見られてないし、私の後ろにも一人か二人しかいないので、余計好き勝手に。
衣装かわってたな。
キリトは右肩が開いててずるずるしてる服。
どうせなら左肩が開いてるほうがよかったな。
下はアンコールのときの細身のパンツに短い腰巻き。
脛くらいまでのブーツ。
ほっそい脚がブーツに吸い込まれていくのがいい。
他のメンバーは、たけおさんが襟の淵がキラキラしてるほうのスーツ。
コータはグレーのスーツに黒いシャツにグレーのネクタイ。
ギルは上は7分丈くらいのジャケットの袖を折ってて、下がものすごいサルエル。
ちっちゃい子のサルエルって似合えばかわいいね。
かりゅうはノースリのなんかすとんとした上に下はなんだか中途半端な丈のパンツだった。
そしてかりゅうの髪はワッフルアイロンでふわふわさせてた。

やはり、ラブストーリーのイントロは両手の手のひらを前に向けてあげている。
キリトはやってないような気がしたけど。
間奏でぎりゅう交互にスポットがあたる。
ぎるのすぐ横にあるライトのせいで逆光になってあんまギル見えなかったなー。
キリトが髪を耳にかけるときらーんとひも状ピアスが。
そしてタケオさんが見えすぎた!
タケオさんを上から、しかもあんな近くで見れることなんてないんじゃない!?
ただ、ドラムについてうといので、地の利はいかせきれなかったかも。
フェザーはなんかもうちょーなじんだ。
我が闘争はヘドバンのテンポがどっちなのかなー。
バベルは踊ってみた。
キリトみたくかわいく踊るにはどうしたらいいのか、と研究しながら。
最後のサビのブレイク忘れてうたいだしちゃった。
そしてアウトロではあらぶってた。
やっぱりちょっと阿波踊り入ってる。
ギルもけっこう顔で弾くタイプ。
上から見たコータかっこよかったなー。
霧雨の記憶がない。
寒さに震えていたな。
なのでプロシヴでは飛んだ。
スペースはあったので。
イントロとサビと。
楽しかった!
ほわいとふぁりーは意外と頭振るとこ短い。
ゴスペルのアメージンググレイスでキリト手を胸にあてて、歌う直前十字を切ってた?暗いからよくわからんけど手が動いたのは見えた。
ゴスペルで上手にきたギルが衝撃的だった。
かりゅうちらっとみたかと思うと上手の客をあおりまくってた。
すごい!がつがつしててかっこいい。
マニック、後半裏になるなら最初から裏でいこうよ。
まあ表で通すという手もあるか。
キリトがかりゅうのふわふわの髪をなでたかと思ったら顔を埋めてた。
けっこう長く。
りぼん、断末魔、薔薇の花
断末魔が頭振りにくくなってるんだけどテンポかわった?
ルーギーコールしたのがマニックだったか断末魔だったか。
ホロコー前のキリトコールがだいぶしつこくて、叫びすぎてのど痛くなった。
ギルが二人でってとこと染めてみようかのとこの振りというか、をやってた。
ヴィジュアル系っぽく。
マイクロの折り畳むとこ、ギルも同じタイミングでヘドバンしてて、ときめいた。
ただ、動きがやっぱりヴィジュアル系(笑)。
だんだん育ちが出てきた感じなのかしら。
次はもっとたくさんギルを見たい!って思いました。

アンコールしてたら田辺さんから下の人たちに水がまわされてた。
アクエリかな?
アンコールで出てきたキリトは白いタンクだった。
下に黒いタンクも重ねてたと思う。
光の記憶
これはもうタケオさん。
ものすっごいノリノリで激歌いしながらたたいてた。
なのでタケオさんにずっとクギヅケでした。
ブラインドライト
メンバ紹介
男爵から、ってマイク渡した後、アイコンタクトしてはけてくキリト。
着替えにいくらしい。
けっこうすぐ出てきたけど、かりゅうの後ろのスペースにちんまりいた。
タケオさんは立ってご挨拶。
見える?
で、演奏中は見えないよね。
でも、気合いでみろ!
みたいな。
言い方たぶんぜんぜん違うけど、そういうようなことを言ってた。
で、2階の人はそれはそれで…。
珍しい姿が見えるとかなんかそんなこと。
コータ紹介されたあと、マイクをどうしようかって感じでお兄ちゃん見たけど、お兄ちゃんはマイクを自分のマイクスタンドに戻したのを見て自分のマイクつかった。
暑くてやばい、的な。
服がピタッとくっつくとか言ってた。
昨日はスベるしかりゅうにはバカにされるしさんざんでした。
かりゅうはすばらしいトークをしてくれるでしょう、みたいな?
ギルはキリトのマイク渡されたんだったかな。
みんなの弟分、るーぎーです。って。
ギルは偕楽園に行ったことがなくて。
3大庭園?のほかふたつは行ったことあるんだけど。
という話をうまくまとめてた。
かりゅう
なんだかんだとうだうだ言ったあと、「年功序列なんで」とコータを見る。
その途端、コータがいきなり先輩オーラを出してた。
で、水戸だけに、みーとぅ。
シーン、みたいな。
キリトは物販のタンクトップを40手前だけど着てます。とか。
あとコータに振って、コータが答えたら、「あれ、すべった?」ってなってた。
じゃあどうしますか、じっくりやりますか、っていわれて、じっくりも悪くないんじゃない、とか思った。
スコールスクラップ
最終的に水戸ちゃんと呼ばれた。
最後並んだとき、こーたとかりゅうがなにやらしゃべってる声が聞こえた。
なに言ってるかまではわかんなかったけど、たぶん滑ったMCについてでしょうね。
かりゅうの、いいツアーになることを願ってます。って言いっぷりにコータとキリトが爆笑してた。
ギルのお辞儀が長くなってた。
でも一番長いのはかりゅう。
かりゅうの投げチューのしかたがめっちゃかっこつけてて、思わず苦笑いで返してしまった。

暴れ曲なほどクーラーが激しく冷気を出すのでどれだけ暴れても寒いという変な感覚だったなー。
でも楽しかった!
次は是非前につっこみたいと思いつつ、そういやライブハウスでは最前以外のぎゅうぎゅうゾーンには長らく行ってないので、どの程度までやっていいのか知らないなー。
by minmey | 2011-11-28 23:03 | 音楽

熊谷旅。

勢いでチケ取って、その後交通手段を調べた。
Bチケだからギリギリでいいやと思ってたのに昼バスだと開演にも間に合わないことが判明。
しょうがないので往復夜バス。
7時ごろ新宿について妹の家へ。
妹は寝てて、かってに風呂かりた。
で、時間もまだまだはやいし、昼ごろに出たかったんだけど、部屋は寒いし暖房器具ないし、とりあえずマンガを読み始めた。
バクマン。
読んでたらあっという間に昼になって、化粧して、妹んちのヘアアイロンで髪巻いて、1時半くらいに妹んち出た。
たしか熊谷まできっぷが1110円。
新宿出て、新宿湘南ラインで一本。
寝て起きたら熊谷のいっこ前の駅だったので一瞬で着いた。
夜バスセット一式持ってるのでコインロッカーの確保、って思ったけどたくさんあいてたのでまずはお茶。
スタバでぼんやりしてからバス乗り場下見に行って、ロッカーに荷物入れて、ショッピングセンターをうろうろ。
guがあったので帰りにまだあったら買い物しよう、と思って、会場に向けて出発。
駅前の道まっすぐいって歩道橋出てきたら左折して最初の信号渡ってその道まっすぐいったらヘブンズロック熊谷。
思ったより近くてだいぶ早くついちゃって、待ち時間が長かった。
しかも、呼び込みが一番ずつ最後まで呼び続けたのでなかなか入れなかった。
そんなに寒くない日だったけどだんだん冷えた。
下手が出入り口だったんだけど、ぎゅうぎゅうで、下手の後ろの方で見た。
で、ライブ終わって駅戻ってguでカーデ買ってトイレ行ってココイチでカレー食べて、夜バスへ。
近鉄バスがもう快適で。
いつもすぐ寝れるけど、やっぱ寝がえりうちたいときとか目が覚めるもんなんだけど、ほとんど目覚めないまま着いた。
by minmey | 2011-11-28 21:04 | 旅にっき

Angelo@熊谷

急遽一般でチケ取ったのでBチケ。
キャパは300だと聞いていたのですが、FCチケで360まで出てました。
ずっと横で番号呼ばれてるの聞いてたので。
それからAチケとBチケで20から30暗いかなー。
そんなんだからまず会場に入るのが大変で。
下手の真ん中よりちょい後ろに出入り口があるんだけど、もうみっしり入ってるからスタッフさんが奥につめてくださーい、って言ってた。
私もなんとか入ってスペースを求めて後ろへ後ろへといったけど、スペースなんてないから。
あ、もうどこまで行ってもムリだと思ってそこそこで立ち止まった。
着てたカーデ脱ぐのも一苦労。
で、入ってけっこうすぐに始まったんだけど、暗転したら前に詰まった(笑)。
とはいえそんなガラガラにはならないんだけど、ある程度のスペースを確保しできた。
最初はキリトかりゅうギルが見えたんだけど、だんだんキリト見えなくなってきて、なぜかギルは常に見えるんだけど、ギタリストの顔だけ見えてもなー、って思ってキリトが見えないかと思って頑張ってた。
かりゅうは位置的には見えるんだろうけど、あの人弾く姿勢低いから見えないこと多くて。
でもあんな姿勢で弾いてて腰悪くしないだろうか。
心配。
手元は見えないんだけど、ギターソロとかはどっちかに照明があたるから、どっちが弾いてるのかはだいたいわかった。
覚えてないけど。
そしてコータはたまーにちらっと見えたり見えなかったり。
タケオさんはそれはもう全く!見えなかった。
そういやラブストーリーでみんな手のひらを前に向けて両手あげてたけど何のポーズ?
キリトがやってんのかなー。
バベルは最初の待機ポーズと手を組んで左右に振るのはやってたけど、最後の阿波踊り的なのはなくなってた。
DECESEのイントロかりゅうは下手袖向いて弾いてるね。
こうギルと向かい合ってタイミング合わせるとかしなくていいのかしら。
壁向いてる方が集中できるのかな?
で、ゴスペルが感想でヘドバンがあるんだ。
マニックの前だったかな。
愛し合おうぜ!って煽った後、照れんなよ。俺は恥ずかしくない!ってお立ち台にデーンと立ってたの。
マニックのサビ最初と最後で手の振りが変わったなー。
裏でいくほうになるかなー。
そういえばなんかの曲でスティック鳴らしてる音が聞こえたんだ。
次のライブで覚えよう。
ルインズ終わりで、リボーンがくるんだろなー、なんて思ったらイースターアゲインでびっくりした。
で、飛ぶ。
飛ぶスペースがあると判断して飛んでたんだけど、アンコールでとなりの人後下がっちゃったのであのスペースで飛ぶのは迷惑だっただろうか。
けっこうその場飛び上手にできたと思うんだけど。
で、イースターアゲインといえばふりふり踊るキリトがかわいいんだけど、お立ち台の上で踊ってくれたのでよく見れました。
再会に感謝もできたし。
で、キリトが歓声を煽って、きこえなーい。みたいな表情するからホロコかなー、って思ったら、改めて煽り出して、パンデミックでした。
最近バベルばっか聴いてたから曲構成がちょっとよくわからんくなったりしたけど、ガンガン頭振って、特に記憶はない。
薔薇の花やって、こんどこそ歓声を煽ってほろこー!
折り畳みができたのであんまステージみてない。
そういや手挙げる人がいない、とか言ってたけど、毎回じゃないけどギルがじゃーんてやって手を挙げてるのを見た気がする。
次もやってたらギルに手をあげてみよう。
本編ラストはスクラップ。
うーん、ずっと頭振ってたからなー。
あ、おい!って言うとこでギルがスピーカー台にのって身を乗り出して煽ってた。

アンコール。
ロザリオとか!
ブラインドライトは変わらず。
そしてメンバ紹介。
たけおさんはなんでか(キリトが言ったんだっけ?)立って喋ることに。
立ったら見えた。
でも前に出てきてくれてもよかったと思うの。
で、座ってるときは気持ちよかったけど立ったらふわっふわします。座ってるのが基本姿勢なんで。
こーたはマイク借りますってキリトのマイク持って、センターに行くわけでもなくちょっとだけ前に出てきた。
あ、紹介される時、キリトに狭いって言われてたなー。
で、近いね。遠くても近くても関係ないけど。かりゅうとぎるがいるから、かりゅうはおもしろいことを言ってくれると思います。みたいな。
ぎるは、ギルが見たいから下手にいるのに見えない~。むきー。って人がいるのでこっちきて。ってキリトに言われ、じわじわセンターに寄ってくギル。
キリトの真横まで来たらちょっと追い返された?
で、しゃべった内容は忘れたけど、きりとに抱きついて締めた。
たしかネジが飛ぶとどうとか言ってたような?
かりゅうはキリトに着替えてくるからそれまで喋ってて、って言われて。
またカタコトでくーまーがーやー、って。きりとはあっという間に着替えて出てきたけど、かりゅうの後ろに隠れてた。
朝起きたら寒かったから厚着してきたけどライブはあつ、くーまーがーやー。って言ってたのはここだったっけ?
きりとは、視力4.8だから後ろの方まで見えてるし、当然顔もおぼえたからさいたま来てなかったら調べて家に行きます。喜ぶな!だったかな。
で、カオティックベルやって、ラストはマイクロ。
カオティックで飛んでたら、どうも私だけスペース取りすぎではなかろうか、と心配してちょっと前に詰めてみた。
マイクロでは折り畳みできるスペースあって楽しかったなー。
でももし前の方ならギュウギュウで折り畳めるなら楽しそうだなーって思うけど、あれ、みんながやるわけじゃないから難しいかな。
最後の挨拶。
たけおさんは、たくさんいっぱいいっぱい。
ぎるは手短に。って言われてた。
そして普通だったから忘れた。
きりとにはその調子でって言われてたけど。
こーたは、かりゅうのMC最初なんて言ったかわかんなかった。って。
かりゅうは、忘れたけどカタコトだったはず。
こーたに「スベったって言わないでくださいよ!」って言ってたから。
きりとは、すべったかすべってないかでいえば、すべってる。って。
あと、たけおさん見ながらいっぱいいっぱいって言ってたな。
熊谷さいこー!おまえらさいこー!のあとのお辞儀の時、ぎるが一瞬で起き上がって、みんなまだお辞儀中なのでキョロキョロしてたら早く起きあがったきりとと目が合って、たけおさん越しに見つめあってた(睨まれてた?)。
コータとかりゅうの立ち位置が横浜と逆になってて、横浜はかりゅうが一番最後に列に入ったから、かりゅうのために場所をコータがあけてたとしたらコータかっこいいな。
そういやかりゅうってピック口に入れて吐き出すの、横浜で見てビミョーって思ってたんだけど、今回下手でもやってて、やるなら上手でだけやってほしいなー。
私はいくら好きな人でも唾液までは愛せないので。
ピックにちゅーなら全然大丈夫なんだけど。
あ、かりゅうだからってことではなく。
by minmey | 2011-11-25 02:13 | 音楽

横浜旅。

昼バスに乗るのに6時には家を出ないといけないというのに、この前日の夜というか、当日の明け方というか、レッドニクスのゲストがアンジェロで、しかも2時台だって。
もちろん聞くし、聞いたら文字起こししときたいし。
トーク部分はUSTで聞けるから別に文字起こしとか必要ないかとも思ったけど、後で自分が読みたいからやるんだし、ってことでこの日徹夜決定。
一応レッドニクス始まるまで寝ておこうと思って布団に入ったものの、全然寝れなかった。
で、ラジオ聞いて、文字起こしに2時間半かかって、ちょっと時間あるかと思ったけど全然なくて、けっこうバタバタで出発。
バスではもちろん爆睡。
足柄SAでなんとか起きて、コンタクト入れて化粧。
東名江田でバスは降りてあざみ野駅へ。
3度目だからと思って道調べてなかったんだけど、なんとか着いた。
そこからブルーラインで横浜へ。
日曜の横浜の混みっぷりったらそれはもうすごくて、お友達が着くまで1時間くらいあるからお茶しとこうと思ったのに、全然空いてなかった。
でも奥の奥のまさかこんなところに!ってとこにあったカフェで1席だけ空いてたのでそこで休憩。
でもうろうろしてたから15分くらいだったかな、いたの。
お友達と合流してさっそく会場へ。
みなとみらい線だっけ?で元町中華街駅へ。
5番出口。そこから海に向かってドンキの角を右折。エネオス手前の信号渡ってホームセンターを右折して最初の信号渡って二つ目の建物がベイホ。
遠い遠いという印象しかなかったけど、2回目ともなるとそこまで遠く感じなかった。
駐車場で並んで呼び出しを待つ。
ロッカーそこそこたくさんあるけど、前もって入れられなかったのかな?
下で大雑把に呼び出してからロッカーあるとこでしばし待機の後、細かく番号呼ばれて入るって感じでした。
100番台だったので、前もってお友達と2柵の2列目か、PAの後ろの3柵か、柱前か、って打ち合わせしてたんだけど、2柵の2列目にしました。
まあよかったんではないでしょうか。
ライブ後は物販めっちゃ並んでたからすぐ帰ることにして、横浜駅でお友達とはお別れ。
私はいつものルミネのトイレで着替えてコンタクトはずしてバス乗り場へ。
バスではそこそこ寝れたかな。
by minmey | 2011-11-24 22:41 | 旅にっき

Angelo@横浜ベイホール

2柵の2列目にいたんだけど、暗転した瞬間押しがあってびっくりした。
ベイホは柱が邪魔で有名だから、柱後ろで待ってた人たちがセンターに寄ったからだろうけど。
SE中はそんな感じでざわざわしてたのでどんな曲だったかよくわからず。
なのでよくわからんタイミングでステージに照明がついてメンバー登場。
まあ歓声があがるわけですが、キリトが出てくるまでにはちょっと間があるのでいったん静かになるんだけど、そのときギルが煽ってたなー。
キリトが出てきたら大歓声なんだけどね。
衣装はみんなバベルの衣装。
で、下手にいたので視界にはキリトコータギルの3人。
たまにかりゅうのモップ見たいな頭が視界にとびこんでくるけど。
タケオさんはキリトがのいたら見えた。
1曲目ラブストーリー。
もうCDで何度もリピートして聴いてたのでライブで聴けてるってのがうれしかったなー。
最初はなんとなく耳慣れない感じではあったけど。
最後の「声を聞かせて」のあとキリトコール起こったよね。
フェザー。
これはライブ2度目なのでちょっとこなれた感じで。
バベル聴きながら、ここはこういう感じのノリだろうなー、なんて思ってたのがけっこう違ってたなー。
手あげる曲多い。
マイストライフの間奏折り畳みっぽかったっけ?
最初のMCはここだったかなー。
はじめまして、とか、いたらぬところもあるとは思いますがー、なんて言ってたな。
で、問題のタワーオブバベル、
頭上でてをクロスしてスタンバってるのがすでのおもしろいのに、左右に動かす。
まあでもそれはいいかな。
次からやろうかな、って思ったし。
でも最後のはおもしろすぎ。
後ろの人たちが思わず曲中なのにおもしろいおもしろいと騒ぎだしてちょっとイラっとしつつもまあしょうがない、って思った。
その人たちだけじゃなく曲中ずっとざわざわしてたしね。
霧雨のあとはどうもありがとう、って言ったので拍手したのを思い出したからここでもMCしたね。
柱とか床ぶっこわそう!みたいなのだったかな。
プロシブは飛ぶ方向何だね。
狭いから飛べないけど。
この曲だったかなー、コータが上手で姿勢低くひいてたら、かりゅうがうえからかぶさってきて、コータが喰われる!とか思った。
ホワイトファリーはヘドバン曲だった。
楽しい。
次が読み方忘れた、デスェスだっけ?DECECEってつづりを覚えたほうが早いか。
イントロがなんだか不安定でひやひやしたけど、キリトのギターよりマシかと思いなおした。
私楽器のこととかよくわかんないけど、たまに誰が間違えてんだか不協和音なときがあって、そういやピエロのときもあったなー、って思ったので、ツインギターではよくあることなのかしらね。
そのかわりというかなんというか、キリトの歌はちゃんとしてた。
よくリハ遅刻したとか言ってるから大丈夫かしらって思ってたんだけど、歌詞は覚えてないから間違えててもわかんないけど、バベル曲はよかったんじゃないかしら。
ゴスペルのアメージンググレース部分ってライブで聴くとけっこう長いよね。
あの間はどうしてたらいいのかしらね。
目つむってたらうっかり寝そうになった。
だってステージ暗いから見るとこないし。
でもそのあとはCDよりもよかったなー。
なんか楽しかった。
たしか愛し合おうぜーみたいなあおりでマニック。
これがたしか手の動きどっち!?ってなったんだ。
るいんずでしっとり終わったと思いきや、そのままリボーン。
で、ギルが切れるんでー!みたいな煽りでギルが苦笑しつつタケオさんのの方見て弾きだしたのが断末魔のイントロ。
おんなじように弾いてるのにギターによって音って違うんだねー、って思った。
イントロはギター一本なので。
次が薔薇の花。
キリトが左右に煽りに行って、ホロコースト。
いつものとこで手をあげようとして、あげるべき人がいないことに気付いた。
コーラスが3人でやるので迫力あったなー。
本編ラストがマイクロ。
まあ相変わらず頭振っててなんも覚えてないよね。

アンコール。
キリト以外がツアーTで、かりゅうは首回り大きくあけてて下にタンクトップ着てた。
なので途中片方肩から落ちてセクシーになってたんだけど、他の人もそれ着てよって思った。
どっちか見てなかったけど、ギターじゃーんて鳴ってドラムのカウント入って光の記憶。
終わってシーンとしてたらそのままブラインドライトで頭を振る。
そしてメンバ紹介。
タケオさんは君たちのことは心配してませんでした。っていうのと、いっぱい、いっぱい、て繰り返すから、客席が(いっぱいいっぱい?w)ってなって、そっちのいっぱいいっぱいじゃねーよ!って。
それですごく、たくさんてことです。だったかな。言いなおしたのがかわいかった。
コータ紹介したあとキリトコータにマイク渡そうとして、コーラスマイクがあるからって気づいて台に戻す時の表情がおもしろかった。
そしてそのままはけていく。
で、タケオさんのMCのときに兄弟がちょっと喋ってたんだけど、そのとき「長めに」って言われたらしい。
あとは頑張れと言われ、喋ってるときに言うな!とか(もっともだ)、みんな俺が喋ると不安でしょうがないでしょ、みたいなことを言ってた気がする。
そうそう、着替えにいったお兄さんはかなり早く戻ってきた。
そして見えないーの声にコータをひっぱってセンターにつれてきたんだけど、コータのまん前に立ちはだかって客席を威嚇。
コータはその場から動かず頭だけ動かして前を見てた。
従順。
次ギル。
ギルーって叫びづらいね。
ぎーるーのほうが言いやすいかな。
そのギルが喋り出した時の衝撃ったらなかったね。
なんどか映像とかでは聞いたけど、生で聞いたらすごい破壊力。
あとキメポーズみたいなんしてたけどなにあれ!かわいいんだけど、ちょっとびっくりした。
柱の向こうで見えないから不安だったけどー、みたいなことを言ってたかな。
内容は覚えてないよ!声と動きにびっくりしてたから。
かりゅうは、キリトにちゃんとやらせますよ、とか言われたかな。
そしてセンターにやってきて言ったのが「コンバンハトーキョー」ってカタコトで。
ああ、外タレ風にやってみたのね、ってことはわかったけど、その理由がメイクを○○にしてもらったから。(○○がなにかは忘れた。派手だとか変わったとか激しいとかそういう言葉が入る)
…変な人だ!
彼には今回のようにハズしたとしてもどんどんわけわかんないこと言ってほしい。
で、キリト。
足元に紙が、って言うから、発表だ!ってなってたら、今日は読みません!て。
もちろんえーー、ってなるわけで、そしたら、気持ちいい!って。
で、ツアーファイナルってどこだっけ?って聞くから、客が「おおさかー」って答えたら、「知ってる」って。
そして追加公演のお知らせ。
日程言った後だったか言う前だったか忘れたけど、この日はそっとしておいてほしかった、っていうのがおもしろかったなー。
あとここで言ったんだったかは忘れたけど、視力3.8なんで後ろの人も見えてます。って。
あと一番になりたい話のとき、どういうことの一番かはわかんないけど、とか言ってたな。
そんでラストがスコール、スクラップで。
スコールのAメロでいつものギターで刻むとこ手でやってたらそんなとこは弾いてなかったね。
たぶんね。
スクラップもだいたい頭振ってるのでよく見てなかったけど、ギルがくるんとまわってて、かわいいけどなんかデジャヴって思ったらコータがくるんとまわってて、これだ!って思った。

終わって、最後に並ぶ前のもの投げのとき、ギルがたくさんピック撒いてた。
かりゅうが口に入れたピック飛ばしてたのがちょっとばっちいとか思ってしまった。
並び順は下手からギルタケオキリトかりゅうコータ。
かりゅうが一番最後に並んだんだけど、コータがスペース開けてて、並び順決まってるんだーって思った。
ただのコータの気遣いかもしれんけど。
そして男爵から一言!って言われてやっぱりちょっとびっくりするタケオ。
タケオさんはまたここでもいっぱいいっぱいって言ってて、キリトがすごい顔して見てたんだけど、全然気づいてなかったね。
そしてギルからも、ってことでちょっと喋り出したら(何言ったかは忘れた)すぐにマイクをキリトに奪われる。
もう一言!なのか一言しか言ってない!なのかキリトに詰寄るも、バシッとされて追い払われてた。
そしてかりゅうにああはならないようにします、って言われて、コータにもおんなじことを言われてた。
キリトはあらためて伝説か一番か頂上かなんかそういうようなことを言って、よこはまさいこー!ってやつ。
5人並んでお辞儀したとき、ギルは一瞬で起きてた。
そしてその後の触れあい&もの投げタイムでなんだか所在なさげに立ってたんだけど、タケオさんが来た時にギュっと抱きついたあとはお立ち台に乗って手振ってた。
そして降りたあとはかりゅうにお立ち台をすすめてた。
かりゅうは白目部分が多いのかなー?たまにめっちゃ顔怖い。
最後に残ったキリトが改めてどうもありがとーってお辞儀して、拍手して、終わり。

ああなんか私ギルばっかり見てない?
by minmey | 2011-11-22 01:07 | 音楽

REDNIQS

浅:DJ浅井さん
キ:キリト
か:かりゅう



浅:ゲストをお迎えしました。このお二人です。自己紹介お願いします。
キ:アンジェロのボーカルキリトです
か:ギターのかりゅうです
浅:よろしくお願いします。
き・か:よろしくお願いします
浅:アンジェロとしての登場は、2009年、一昨年の5月以来となるんですけども、新体制ではもちろん初登場でございます、よろしくおねがいします。このバンドにかりゅうさんが加入して3ヶ月くらい、てところですけどね
か:そうですね
浅:どうですか、今振り返って、この3カ月
か:めまぐるしい、とにかくめまぐるしいんで、自然にこうなじんてきてるというか、いい感じでいさせてもらってます。
浅:ディスパーズレイ時代は、だいたい自分と同じくらいのキャリアのメンバーと当然ずっと一緒にやってきたわけですけど、入ってきたときに、このバンドのメンバーは基本的に先輩だったわけじゃないですか。
か:そうですね
浅:先輩だった人と、同じチームに入っていくっていうのは、最初はいろいろ緊張もあったんじゃないですか
か:まあそうですね、みんなが想像する感じになってましたけど、なんかやっぱりキリトさんとかコータさんもタケオさんもみんなたぶん気使ってくれてるのか、やりやすい雰囲気を作ってくれてたんだろうなっとは思いますね。
浅:気つかいましたか?
キ:いや、そんなに。ただギルもかりゅうもそういういろいろプレッシャーもあるでしょうから、よりやりやすい環境でね、やってもらおうってのは考えてたけど、気使ってるとはまたニュアンス違いますけどね。
浅:そもそも、ヴィドールでギタリストだったギルさん、ディスパーズレイのギタリストだったかりゅうさんがアンジェロに加入することになった経緯を改めてちょっと説明していただきたいんですけど。
キ:アンジェロでちゃんとギターを入れたいってのは結成したころから僕の中ではあったんですけど、
浅:あったんだ
キ:ただまあやあぱり、まずは結成してすぐもう走り始めてたんで、そういうことよりもとにかくアンジェロとして活動することを優先してたんで、そういう流れの中でいろんな音楽性もいろいろアルバムごとにやってきて、自分の中でどっかこう前回のデザインてアルバムをつくったことでなんか自分のなかではひとつ節目をむかえたような感覚あったんですよ。
やりきったというか、なんか節目を感じてたんで、そこからまた先にすすむってなったときに、なんかこう根本から崩すというか壊すというか、そういうとっからまた創造しなおすっていう感覚があったんで、そういう意味で5周年の今年はギターをちゃんと入れようって感覚はありましたね、少し前から。
でまあかりゅうの前のバンドの状況だったり、そういう流れの中でかりゅう本人とも話をするなかで、うまく状況がかみあったというか、それでまあ一緒に。ギルの方も前のバンドが前に解散して、で、音合わせでいろんなギタリストと音合わせた中でギルもいたんですけど、
浅:へー
キ:そこでまあみんなで音を出したときにちょっと自分の中で、あ、なんかこれかな、っていうのは感じたんですね。
浅:あの、ディスパーズレイはもともとキリトさんとは深い付き合いがあったと思うんですけども、キリトさんから見てディスパーズレイってバンドのギタリストかりゅうはどういう存在だったんですか。
キ:やっぱり僕はそのギタリストでいいなって思う価値基準みたいなものはまた独特なものがあると思うんで。ただうまいだけじゃあ当然ダメだし、なんかこう、たとえばじゃあたたずまいだったり、ステージに立ったときのオーラだったり、まあそういうのも全部ひっくるめて、ギタリストみるところあるんで、そういうところではかりゅうっていうのはいろんなバランスがとれてるというか、いいなと思ってましたね。
浅:おっきいですからね。
キ:おおきいですね
浅:身体がね。そんなかりゅうさんとギルさんが加入されて5人組となったアンジェロ。ライブもせずにいきなりアルバムを作り始めたわけですけど、これもまた思い切った決断ですね
キ:そうですね、とにかくシングルで、っていうよりはフルアルバム曲数があって、11曲とかそういうレベルであってやっと自分の言いたいことだったり、このバンドはこういうバンドですって言えるような気がしてたんで、もうしょっぱなからフルアルバムいっちゃおうじゃないみたいな。やっちゃえばいいじゃない、ユーやっちゃえばいいじゃん。
浅:ユーやっちゃいなよ、って。そのアルバムを作ってる間はずーっと内緒にしてたわけでしょ
か:そうですそうです
浅:みんな。つらくなかったですか
キ:やっぱり内緒にするのけっこう大変でしたよね
浅:大変でしょうね。
キ:まあギルもかりゅうもね、そのへん発表する段階までは内密にって。
浅:かなり親しい人にも内緒にして。
か:そうですねー
浅:最近忙しそうだねって言われても、いやいろいろ、みたいな。
か:けっこうきつかったです。
キ:ギルなんかは、前のバンドが解散するってなってから、いろいろセッションのお誘いだとか、そういうのもあるなかで、やっぱり、絶対内緒にしてなきゃいけないし、そういうお誘いも受けられなし、ってところで、けっこうケータイ切って引きこもってた。
浅:最近ギル連絡取れねーあいつみたいに。
か:この騒動で先輩とかにも言ってなかったんで、発表と同時に言ったんで、なんでいわねーんだよみたいな感じになってると思うんですよね。これはもうみんなに謝りにいかないと。
浅:僕もニュースで知って、ライブで発表したんでしょ。
キ:そうですね
浅:ライブの時も緊張したんじゃないですか、発表する時。出て行ったわけでしょ?
か:行かない行かない
浅:メンバーは行ってなかったんだ
キ:ギルとかりゅうはいないです。
浅:でキリトさんがMCで発表した
キ:MCで、二人加入することだけですけどね、MCで言ったのは。で、誰が、っていうのはその日のHPで。
浅:なるほどね。そっからじゃんじゃん電話かかってきて
か:そう、まあそうですね。
浅:メールとか、まじで!?みたいないっぱいきたでしょ
か:どうすんの、みたいな
キ:大丈夫なの、的な?無事なの、的な?(笑)
浅:ま無事にアルバムが、出まして。そしてお披露目ライブは新宿駅のゲリラライブという形でおこなわれました。
今回フルアルバムバベルはいきなりコンセプトアルバムという打ち出しになってますけど、
キ:まあそうですね
浅:いつくらいからコンセプトアルバムにしようって。
キ:やっぱりちょうどシングルっていうのを出さないでいきなりの全部書きおろしの11曲ですから、やっぱり自然と、あ、これはコンセプトアルバムになるな、っていうか一つの時期に全部つくるわけだから。逆に僕としてはやりやすいっていうか。
一つのテーマにそって、時間軸も同じ時間軸でやれるから、やりやすかったし、ただまあゆってみたら今までの僕がやってきた作品は全部コンセプトアルバムとゆえばそうなんだけど、その中でもより濃い、ちゃんとしたコンセプトアルバムってすごいゆえるかなと思って。
浅:かりゅうさんが作曲した曲も数曲収録されておりますけど、かりゅうさんの作曲のしかたは前のバンドと今回のアンジェロ用では違いますか
か:違いますね。そうですね、もう深く考えず、メンバーのことを考えてつくりました。
浅:前はね、けっこうシャウトの部分が多かったりするじゃないですか。ああいうメロディーのない部分、アンジェロの場合ほとんど全部メロディー
か:ま、そこは意識しつつ、でもちょっとシャウトっぽいのもありつつっていうの。キリトさんならうまくやってくれるかなっていう
キ:んふ
か:期待のもと。
浅:今まで歌ったことないタイプの曲あがってきましたか
キ:うーん、やっぱり新しいな、思う部分もあったけど、あんまり違和感は感じなかったんですけどね。
浅:それは僕も聴いて全く違和感なかったですけど、全部普通にアンジェロだなと思いながら聴きましたけどね。
それではですねそのアルバムの中から1曲きいていただきたいと思います。これがアルバムの3曲目に収録されているかりゅうさんが作曲したナンバーです。
曲紹介お願いします
キ:アンジェロでマイストライフ



浅:さあ事前にですね、お二人にいろんな質問にもお答えいただいたので、答えを見ていきたいと思うんですけど。まずはですね、これだけは譲れないというものはなにかありますかときいてみたところ、キリトさんが大阪で、ぶたまん。
キ:ぶたまん、これはもう昔から
浅:昔から?
キ:はい、551ですか、蓬莱の。もう絶対大阪では、そう、買います。どんなに時間なくても
浅:どんなに時間なくても
キ:買いに
浅:新大阪でも買えますからね。楽屋にもだいたい。
キ:そう楽屋でも。自分で買いに行ったりもしますから
浅:あ、そうですか
キ:さっきも買いに行きましたから、みんなで。
浅:豚まんは東京でも買えると思うんですけど、やっぱ違いますか
キ:東京にもあるんですか?あれ
浅:蓬莱があるかどうかちょっとわかんないですけど
キ:やっぱりなんか大阪で、買いたいんですよね、東京にあったとしても
浅:気分的にね。
キ:気分的な問題が強くて
浅:かりゅうさんも一緒に食べました?
か:あ、まだ。これから
浅:これからなんだ。だって二人で、この二人で一緒に、地方キャンペーン的なことやったの初めてなわけでしょ。
か:そうそう
浅:その辺はどうなんですか。一緒に移動して。
か:なんか昨日からおいしいものおごってもらって
浅:それはいいですね
か:いい羽根やすめというか。
浅:なるほどなるほど、できてるわけですね。かりゅうさんがこれだけは譲れないもの。これは美学と。
か:自分なりの美学みたいなのがありまして、
浅:はい。
か:これちょっと誰かがけずろうもんなら、怒ります、っていう。
浅:なるほど。キリトさーん、ちょっと言わないでくださいそれはー、って。
か:それはない
キ:けっこういろいろこまかいこだわりがたしかにありそう
浅:たとえば
か:なんだろ。けっこう多いんですよね。そんなにおだやかなんですけど、なんかそこに触れられると反発しちゃう自分がいたりして。
浅:想像がつかないですけども
か:どえむなんですけど
キ:自分で言いまわってる
浅:今のところそんななんか反抗的なあれをみせてきたことは、今んとこないですか?
か:ないです。
キ:基本、どえむだから
浅:レコーディング時とかも、わりともっとこうしようよとかってことをお互い言ったりするんですか
キ:レコーディングの時はかりゅうはけっこういいますね。こうしたいっていうことは。
浅:自分自身もプロデューサーの一人という
キ:そうですね
浅:そこはえんりょなく
か:いかないといけないっていうか、いかなきゃいけない。なんで二回言ったんだろ。
浅:二回だけど一緒だったね。
か:言いたくなっちゃうんですよね。おさえられない。
浅:はいはいはい。そしてついつい反応してしまう話題という質問をしたところ、キリトさんが粉ものについて
キ:あ、そうですね。お好み焼きとかたこやきとか、の話になると、もう、けっこう自分の家でつくりますから
浅:あ、そうなんですか。どんなこだわりがあるんでですか
キ:なんでしょ、やきかたにしろ、中身、具のことだったり。
浅:具に関しても、これは絶対いれなきゃっていう他の人があんまりつかわないようなものあるんですか
キ:どうだろ、そんな奇抜なことはしてないんですけど、なんか自分なりのこういう感じでここでさー、みたいなのはありますよ。人には強制しないですけど。自分なりのそういう。
浅:なるほどー
キ:だから、アイデア出しみたいな話がもしあれば、どんどん言います。そんなのかるのか(笑)
浅:でも、家でかなり料理されるじゃないですか
キ:はい、やります
浅:最近もしてるんですか
キ:やりますね。
浅:最近なんか新しくやったとかあります
キ:新しくはないですけど、つい大阪に行く前の夜はとんかつ自分でつくりました
浅:とんかつ
キ:おいしかった。
浅:けっこうめんどくさいですよね。
キ:なんか急にね、衝動にかられるんです。とんかつあげたい。俺、あげたいみたいな。
か:そんなイメージなかったんですけどね
浅:僕は前々から、だって中華スープ素あるじゃん、あれ自分でつくろうとする人よ。
キ:だしから
浅:うえいぱーを自分で作ろうとしたんです。
か:すごいですね
浅:買ってきたらええやんて話なんですけど。
か:だしから?
浅:うまくいったんですか
キ:自分なりにはうまくいったつもりなんですけど
浅:つくったんだちゃんと。とりがらぐつぐつ煮込んで。すごいでしょ
か:なんかもう出前、寿司とか毎日食べててほしかった。
キ:毎日?
浅:ロックスターなんだから厨房には立たないでほしかった?いやいや
キ:立ちます厨房に。
浅:キリトさん料理大好きですから。そして、昔はできたのに今できないことありますかという質問したところ、キリトさんがバク宙。
キ:バク宙はちょっとできない。
浅:これ問題発言です。今できないんですか。
キ:あのね、バク転はまだできると思うんだけど、昔、若いころって言ったらやなんだけど、体操やってたんで、宙返り、を地面からっていうのはやれてたんですけど、さすがにちょっと今それをやってヘマって頭から落ちるような気もして
浅:怖いと
キ:ちょっと怖い。
浅:たぶんやろうと思えばできるんだけれども、ちょっと怪我のこと気をつけてしまうと
キ:ちょっとそこまで大胆なこともうできなくなってきましたね
浅:ステージ上でバク転どうですか。
キ:バク転はまだ手ついていいならできると思うんですけど、宙返りはちょっと怖いですね。
浅:その辺のアクロバティックな動きはかりゅうさんどうですか
か:やりましょうよ。
キ:えー。自分がやれば。
か:でんぐりがえしなら。
浅:かっこよくないな。ギター回したらいいじゃない
か:あーーー。そうですね。
浅:かりゅうさんのあの体でそれやったら無茶苦茶目立ちますよ
か:いろんな人が被害あいます。
浅:たしかにね。パフォーマンスとしてはまだ1回2曲だけ新宿駅の前でライブやりましたけど、キリトさんからみてどうでした、ギタリストかりゅうの動きは。
キ:かりゅうのステージングは前にも見てましたからね。もう、でもそれ以上に気合が入ってる感じも感じたし、ステージで一緒にね、隣で見るのと違いますからね、すごいこっちも盛り上がって。
浅:ちょっとあれじゃないですか。狭って思ったんじゃないですか。ステージ
キ:狭かったですね。かりゅうどうこう以前にもせまかったけど、
浅:新宿駅のステーションスクエアですからね。
キ:確かに狭かった。
浅:あの日はね、ライブ始まる前に円陣を組んで、ちょっとぐっとくる話があったという
か:そうですね、ありがたいお言葉が。
浅:2,3分にわたって
か:何分すかね。けっこう長かったですよ
キ:そうだった?
浅:いやいや、そこにすごいアツいキリトさんの思いがあったんだろうな
キ:みんなで盛り上がって集中してなんかね、戦地におもむくみたいなかんじもあったし。
浅:こうやってキャンペーンはね、お二人でまわったりしてますけど、アンジェロは5人組で、わりと謎の多いタケオさんみたいなメンバーもいたりしますので次はね、みなさんでスタジオにきてもらえると、
キ:ええ、是非
浅:楽しそうだなと思います。今後のアンジェロの予定お伝えしていきたいと思うんですけど、いよいよツアーが行われます。大阪公演がなんと12月24、25、梅田アカソ。クリスマスイブとクリスマスじゃないですか
キ:もうすごいですね。大切な
浅:ですよね。なぜ大阪に。
キ:うーん、やっぱり大阪じゃないですか。やっぱりこういう節目は大阪じゃないですか
浅:クリスマス蓬莱を食べないといけないですね。
キ:そうです蓬莱、豚まんもね、すごい食べたいですね
浅:たぶんクリスマス仕様の箱になったりしてるかもしれない。そんなのかいか。そしてこのツアーのファイナルでもいっかい大阪にいらっしゃいます。来年の2月5日にビッグキャット、ツアーファイナル
キ:はい
浅:なんかわりとクリスマスが2デイズだったり、ファイナルだったり、大阪スペシャルな扱いでうれしいですね。
キ:こちらこそ。やっぱり大阪でいろいろ昔からパワーをもらいますからね、ステージで
浅:そうですか。
キ:節目ではやりたいな、てのはあります
浅:あの、かりゅうさんはアカソはステージ立ったことあります?
か:たぶんないですね
浅:ですよね。5人となってどんなツアーになるのか。またいろいろと伝説が生まれそうですが
キ:伝説つくります。いろんな意味で伝説を。
浅:みなさんご期待いただきたいと思います。それではですね最後にアルバムからもう一曲聴いてお別れということにしたいと思います。アルバムの10曲目に収録されてるナンバーです。
キ:アンジェロでマニックステートハイプレッシャー
by minmey | 2011-11-20 05:30 | ラジオレポ

アンジェロツアーグッズ

Tシャツ(XS,S,M,L)¥3000
タンクトップ(S,M,L)¥3500
USB(写真撮影オフショット映像入り)¥3000
ハンカチ¥1200
リングノート¥1000
コンチョヘアゴム(銀、銅)¥800
ビニールバッグ¥500
ロトステッカー(15種)¥400

切人一家
フェイスタオル(平和排除条例)¥1500
パスケース(偽造)¥1500
ソープ(赤、青)¥900
マフィン(チョコ味)¥600


なんか少ない感じがするけど途中で追加されたりするのかしら。
とりあえず一家タオルはすでに通販で購入済み。
あとオフショットが気になるのでUSBメモリは買う。
ロトもそろえる気はないけどちょこちょこやる。
パスケースも使うかわかんないけど欲しい。
マフィンも欲しいけど数用意しなさそうだからあったら買う感じで。
ヘアゴムもちょっと気になる。
HPで製造国が乗ってるんだけど、ヘアゴムが中国でタンクトップは韓国、あとは全部日本だったなー。



11月17日追記。

グッズ追加されたね。
パンフレット¥2500
ペアグラスセット¥2500

初日の公演終了後から販売になってるけど、追加公演の日程が載ってるからだろうという見方が。
追加あるならうれしいけどちょっと心配。
お金的な意味で。
by minmey | 2011-11-15 02:39 | 音楽

けっこん

その昔。
母親とテレビを見ていたとき、ワイドショー的な。
芸能レポーターのだれかがじゃにの結婚はイチグループ一人までだ、みたいな話をしてて。
そしたら母親が、別に結婚してもいいのに、みたいなことを言ったのでつい、「別に結婚するんはいいけど離婚したらイメージ悪いやろ」って言ってしまったのです。
母親離婚してるのに。
一瞬しまったとおもいつつ、気づかないふりをしてやりすごしたのですが、あれは失言だったなー。
私自身は別に結婚しようが離婚しようがどうでもいいっちゃいいんだけど、不倫する人ってなんかやだなー、って思ってしまう。
そのルール守れないんだ、って。
余計なお世話なんだけど知ると引いちゃうので、だったら最初から結婚しなきゃいいのに、って。
ばれなきゃいいって考えもあるけど、自分ひとりでやることじゃないからばれない保証なんてないしね。
私には関係ないことだけど。
by minmey | 2011-11-14 02:07 | 日常

トールさん。

ドグパから早数カ月。
最初、うーん知らない。だったギリューたちの高感度も徐々にあがり(キリトを好きな人のことは好き、の法則)、新体制でのライブ楽しみだなーなんて思っていたところにトールさんのついったデビュー。
今までトールさんのこと大好きだったけど、トールさんのことほとんど知らなかったから若干の戸惑いが。
イメージ崩れるんじゃないかとか(笑)。
でもここ数日見る限り、距離感近くてびびることはあるけどちゃんと大人でステキな感じで、まあまあよかったじゃない、と。
それどころか今までより好きになってしまわないか心配だわ。
とはいえ好きなのはギター弾いてるトールさんなので。
うーん、いまいち自分の気持ちが整理できてないな。
by minmey | 2011-11-10 02:07 | 音楽

以前の記事

2016年 12月
2014年 12月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 04月

検索

ブログジャンル

音楽
旅行・お出かけ

画像一覧