P!にっき2


AngeloさんやCUEさんについて語ってることが多いです。
by minmey
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 07月 ( 37 )   > この月の画像一覧

給料日。

今日はリッチに出社前にコンビニで20円のチロルチョコ3つと84円の青りんご赤りんごのジュース買った。
そして会社帰りに松屋で390円のビビン丼食べた。
鮪の漬け丼と迷ったけど。
明日も心斎橋に行くから松屋に行っちゃおうかな。
[PR]
by minmey | 2008-07-31 22:58 | 日常

今日はグリーンウッド

昨日見れるわけないと思ったクイズショウが見れたから、今日はギャオでグリーンウッドにチャレンジ。
これも多少カクカクながらちゃんと見れた。
過去のは見れないみたいで、1話は配信終了してて、2話だけだったけど。
グリーンウッドははねー、私の一番好きなマンガといっても過言ではないからね。
で、見た感じ、忍先輩以外はいいんじゃないのー?なんて思いました。
やっぱ忍先輩はなかなか思いいれのあるキャラなんで、辛くなっちゃうね。
でも光流はいい感じ。
スカちゃんも。
瞬はまあまあかな。
2話だけを見た感じだと、いろんなエピソードをギュッとまとめてるみたいだけど、基本原作に忠実なのもいい。
3話は体育祭か。
珍しくスカちゃんがかっこいい回だ。
[PR]
by minmey | 2008-07-31 20:08 | 日常

クイズショウ

私のパソコンで動画なんか見れるわけない、なんて思ってたけど、ためしに見たら見れた。
ちょっとカクカクするけど。
2話まで見ました。
OPでは片桐さんとつながれてぐるぐるしてるのに、本編はほとんどシゲでないんだね。
あのクイズに出る人と片桐さんがなんか関わりがあって、片桐さんのためにああいうことしてるってこと?
まあ気になる感じだし、おもしろいんだろうけど、追い詰め方がねー、ちょっとキツい。
シゲが活躍する回もあるのかなー。
[PR]
by minmey | 2008-07-30 20:10 | CUE関連

菜の花の沖

司馬遼太郎の。
とっても久しぶりに読んだ小説。
ミステリ以外で。
読み始めたのはけっこう最近なんだけど、買ったのはものすごい前。
今日やっと読み終わった。
思えばPIERROTのSSSツアー遠征に持っていってたからね。
あれはだから4年前?
でもそのときは持っていっただけで結局読まなかったのね。
読まずに旅先でエッセイ買った。
エッセイというかノンフィクション?街道をゆくってやつ。
そもそも小説読まないのになぜこれを買ったかというと、その街道をゆくだったか、司馬遼太郎のなんらかのエッセイを読んでたらこの本の主人公の話が出てきて。
江戸時代、商人だったんだけど、船に乗ってたらロシアに拿捕されて、でもロシア側から認められるほど立派な人間だったっていうのを。
それで興味持ったのよ。
商人だからそんな血なまぐさい話もないかなーと。
で、おもしろかったんだけど、全6巻あって、主人公がロシアにつかまるのが6巻になってからなのよね。
1巻は恋愛モノだし、4巻までは商人として成功するまでだし、5巻にいたっては主人公まったくでてこず、当時の日本とロシアの状況説明のみでまったく小説ではなかった。
で、これ読んでたら北海道のなりたちについて興味を持ったのよね。
まずは一度読んだけど、もいっかい街道をゆくのオホーツク街道と北海道の諸道を読もう。
[PR]
by minmey | 2008-07-29 21:20 | 日常

ロトパンフ

今回珍しく集めちゃったのでちょっと記録。

0.愚者 正位置:冒険、無知 逆位置:軽率、愚考 コータ
I.魔術師 正位置:創造、手腕 逆位置:臆病、詐欺 キリト
II.女教皇 正位置:知識、聡明 逆位置:残酷、身勝手 タケオ
III.女帝 正位置:豊穣、母性 逆位置:過剰、虚栄 キリト
IV.皇帝 正位置:責任、父性 逆位置:傲慢、尊大 コータ(3)
V.教皇 正位置:教え、寛大 逆位置:狭量、怠惰 タケオ
VI.恋人 正位置:恋愛、快楽 逆位置:嫉妬、裏切り コータ
VII.戦車 正位置:前進、勝利 逆位置:暴走、挫折 キリト
VIII.力 正位置:力、勇気 逆位置:本性、自惚れ タケオ(3)
IX.隠者 正位置:探索、思慮深さ 逆位置:陰湿、閉鎖的、貪欲
X.運命の輪 正位置:チャンス、一時的な幸運 逆位置:誤算、不運
XI.正義 正位置:バランス、正当 逆位置:偏見、不正 タケオ
XII.吊された男 正位置:自己犠牲、忍耐 逆位置:無意味な犠牲、盲目 コータ
XIII.死神 正位置:停止、損失 逆位置:死からの再生、やり直し キリト
XIV.節制 正位置:調和、堅実 逆位置:浪費、不安定 タケオ
XV.悪魔 正位置:邪心、束縛、堕落 逆位置:悪循環からの目覚め キリト
XVI.塔 正位置:破壊、破滅 逆位置:必要とされる破壊
XVII.星 正位置:希望、憧れ 逆位置:幻滅、悲哀 タケオ(3)
XVIII.月 正位置:不安、曖昧、混沌 逆位置:不安の解消、明瞭、混沌の終り コータ
XIX.太陽 正位置:輝く未来、満足 逆位置:延期、失敗 キリト(2)
XX.審判 正位置:復活、改善 逆位置:再起不能、後悔 タケオ(2)
XXI.世界 正位置:完成、完全 逆位置:未完成、中途半端 キリト

Wikipedia「タロット占い」より。


9、10、16がないなー。
あと№1と。
いくら使ったかは計算したくない。
[PR]
by minmey | 2008-07-28 18:51 | 音楽

BTN7/12

こんばんは、インディジョーンズです。
吉田:思いっきり日本語じゃないですか。
インディジョーンズだけどー。
なんかある?
最近思うん、最近ていうか今日もスタジオに来るときに思ったんですけど、ここんとこ毎日なんだけど、なんで昼真っから警察さ、検問ばっかやってんの?
ほんと迷惑だな。
すごく混むんだよ。
だって一車線つぶしてさ、やって、ダーって並んでだよ。
どうにかなんないですかあれ。
吉田:でも意外と止めないですよね。
そうそうそう止めないすよ。
がっちがちでしょ。
で、あとまあその警察にからむ部分、白バイでもさ、今日ついさっきそうだったんだけど、あのー、交差点の手前何メートルかになるとほら、車線変更できない、できませんよ、的な白線なるじゃないですか。
俺昔、あれをね、わたっちゃって、切符切られたことがあるもんですから、けっこうそれに関して敏感なんですよ。
でね、僕は車で普通にまっすぐ直進してたときに、右車線で右折レーンですよ。
完全にもう交差点もうものすごい近づいて、線だって白線ですわね、もう絶対だめなんですよ。
そこに白バイが右のウインカーだして右折しようとしてるすぐ後ろの車が、左にウインカー出してるんですよ。
なんかもう右折だと思わなかった的な。
だからもう左行きたいみたいなちょっと出てんですよ。
危ないなと思って。
で、避けて行ったですけどね。
そしたらバックミラー見たら俺が通り過ぎたすぐ直後に、その車左に車線変更してて、普通にきてんですよ。
白バイなにやってんだ、と。
白バイなんにも見てないんですよ。
見てないっていうかぜんぜんノーリアクションですよ。
あったまくるで。
これこそまず切れよ、と。
切符を。
なに自分のすぐ後ろで起こってること思いっきり違反なのに、なんでノーリアクションなの?
すっごいちょっとイラっときたんですけど、一回きられてるからね、それで切符を。
だってそれだってね、俺の場合はけっこうやむをえない状況だったのよ。
そのなのに、なんかそのだから、もういいやもう。
これはちょっと説明しづらい。
図解しないと説明しづらいんだけど、
俺が切符きられたときはけっこうやむをえないケースに近かったんですよ。
それなのに、きられたからね。
なのにー、明らかにやってても知らん振りしてたでしょ。
あの変がさ、ほんとにあいまいなわけよ。
なんか気が向いたらきるよ、みたいな雰囲気がむかつくのよね。
厳格ではないのよね。
やるならちゃんとやってくれよと。
思いつきでやんないでほしいな、っていうのがありましたが。
7月12日、リアルタイムではゼップ東京の2日目が終了。
二日目が終了か、じゃあ、あ、でもまだあるんだ。
そっか。
夏、夏のお楽しみ。
もう夏ですか?7月12日。
ほんと?梅雨明けてる?
吉田:あけたのかあけてないのか今年ちょっとわかんなかった。
えー。
7月12か。
今年、今の段階でもそんなに暑くないよね。
この状態でカラっと梅雨あけてくれたら一番気持ちいいのに。
雨はやだな。
カラッといってほしい。

きりかつ弁当だよ。
380円だよ。
吉田:お安い。
・もうすぐ30歳だけど、一人だとさびしくて、毎日会社終わりに誰かを誘って飲みに行ってしまう。
まあ、うーん、30歳でおばさんて言われるとね。
僕らはなんですか、僕らは長老ですか。
どうですか?一人でいるとさびしいですか。
吉田:さびしいときもありますけど一人でいたいときもあります。
僕もね、けっこう、お酒は最近特にね、一人でガッツリ飲むのが主流にはなってきてます。
よっぽどちゃんと落ち着く場所だったらいいけど、けっこう居酒屋的なうるさい感じが嫌いなんで、静かで落ち着くとこでっていうならいいんだけど、そうじゃなかったらうちがいいな、ってところで、最近はよくありますけどね。
吉田:バー的なものがいいんですか?
バー的なものねー。
それもほんとに店の雰囲気がそうだとしても、来てる人にもよるじゃない。
ねー、お客さんにもよるから。
場所はいいんだけど、来てるお客さんの運が悪いみたいなときもあるから、そういうのいちいち考えるんだったらうちがいいな、みたいに思っちゃうんですけどね。
そっか。
でもしょうがないでしょうね。
一人で生きていけるような強い女になれるために、そんなん無理でしょ。
一人では生きていけませんよ、人間は。
うーん、飲みにねー。
珍しく言葉につまるよね。
どうしたらいいんだろう、って考えても。
彼氏ができりゃいいんでしょうけども。
吉田:この人ちょっと諦めてるとこあるじゃないですか。
30で?
早いじゃないですか、30で。
やっぱでも一人で飲み始めるとまた余計寂しくなるんでしょうね。
僕なんかね、家で一人で飲んでるときは至福の時間ですけどね。
なんかもうDVD見たりいろいろ作業したり。
けっこうね、大事な時間だったりするんですよ。
眠くなって寝る、みたいな。
わりとなんかいかに何時から一人で部屋で飲み始められるかって考えちゃうとこある。
もういいかな、っていうね。
仕事も終わって、うちに帰ってきて、で、お風呂にも入って、ある程度作業もすませて、さて、みたいな感じで。
僕なんかそういう時間楽しみなんですけどね。
まあでもやっぱり友達と外へ飲みに行くっていうのもタイミング合えばぜんぜんそれはそれで楽しいですけど。
一人で飲むのは一人で飲むでそれは楽しい時間。
気使わないでいいじゃないですか。
もうがーっといって、眠くなったら寝て、みたいなね。
そっか、喝か。
喝なー、難しいなー。
喝もなにもみたいな感じもありますけど。
これはねーふみこんでねー、あごをねらうんだよー。
アッパーだよアッパー。
吉田:あれ?先週に引き続き輪島さんの登場ですか?
もうちょい仕上げてみたいな。
先週はちょっと探り探りなんで、もうちょっと自分なりの。
それでどんどんできあがってくるんだろーなーと思って。
すいませんね。

勘弁してくれよ、のコーナー
・関西人やウケ狙いならいいけど、無理に使うエセ関西弁が許せない。
これよくききますね。
関東の人とかが変に使う関西弁が許せないって言う関西人の人、よく聞きますけど。
だから僕はその辺はよくわからないけど、そんなに怒ることかとも思うですけどね。
吉田:バカにされてる感があるんですかね。
あー、そっちか。
そんな、そんなに腹立つこと多いのかしらとか思うときもあるんですよ。
関西の人の言い分聞いてるといろんなこと許せない、いいじゃんそれくらいと思うこともあるけど、あ、そうバカにされてる感が感じるんなら、それはわかるけどね。
この人は関西出身てことで、上司がそうやって言うってことなの。
そりゃムカつくわな。
それはむかつくね。
でもね、これって親父ギャグとかさ、もっといえばセクハラとかさ、それに近い領域で、本人悪い意識、わるぎないんだけど、場をなごまそうと思うオヤジ特有のずれてる感みたいな。
そういうのもあると思うんですけど。
そうね、ただ関西弁てさ、僕が思うに、言葉そのものが使いたい部分あると思うんです。
だから僕もパソコンのネットの日記だとかで、あえてほな、とか最後に。
そういうのもちょっと関西弁て意識より、なんかもってきときたいみたいなとこあるから。
吉田:あれうらやましいですよね。
そうなんだけど、関西の人が日常生活で使うものとして使うこととはまた別で、関西じゃない人があえて文章とかで使うみたいなのは、なんかいいんじゃないかなと思いますけどね。
イントネーションの問題は話すってことでしょ。
それはやっぱね、英語とかと一緒でやっぱいそれで小さいときから生活とともに培ってこないと、そうそう身につかないものだと思うから。
発音なんか難しい部分あるけど。
まあ、無理に使おうとする感じが、本場の関西の人にとっては気持ち悪いってのはわかるけどね。
むずかしいですよね。
この人の場合腹立つのはわかるよね。
そういう上司のおかしな感じ。
ただやっぱり関西じゃない人間からしてやっぱ関西弁の軽快な感じってやっぱいいなって思うんですけどね。
自分も使えたらな、と思うけど。
その辺は英語みたいなもんでむりかなとも思うけど。
やっぱダウンタウンの喋りとか、ああいう軽快な感じ、やっぱおもしろい。
漫才とかだとね、特に関西弁のほうがおもしろいみたいなとこあるじゃないですか。
あとまあツアーで大阪とか行くとね、やっぱりご飯とか食べててもさ、他のお客さんの話し声とかも、あー、やっぱ大阪きたんだな、って感じがする、風情があるもんね、そういうの聞くと。
あちらこちらから、なんとかやで、みたいな。
なにいってんの自分、みたいな。
来たなって感じがして僕は好きなんですよ。
街中でもね、信号待ちとかでもいろんなとこから飛び交うからね、関西弁。
なにしてんも自分みたいな。
吉田:関東だとあんまないですよね。どうしたの自分?って感じですか。
自分て言わない。
混ざってるがな。
ミックスしてるよ。

男って
・露出度の高い女性に目を奪われることありますか
吉田:ありますよ。
見るんですか。
それはミニスカートとか?
吉田:ミニスカートに限らず、すごいなと思いますね。
僕は逆なんですよ。
妙に露出の高い女性とか視界に入って競うになると、それは一瞬察知しますよね。
でもね、逆に見ないようにするんですよ。
きついっていうか、普通だったらいいよ。
夏場でさ、普通にキャミソールとかそういうんだったら別に普通じゃないですか。
異常な感じの人いるじゃないですか。
なにそれっていう。
なんの衣装なんですかってくらいさ、ものすごい人の場合は、目を奪われるっていうんじゃなくて、うわっていう、見ないようにします。
吉田:あれは見ないほうがいいですよ。
でさ、けしてほら、こういうこといったらなんですけど、我々にとっても目によくはないじゃないですか。
ていうのは、スイッチがそういうスイッチじゃないから。
ねー、たとえばエッチな頭の状態じゃないときにそういうのみせられても急には切り替わらないでしょ。
そういうときってむしろ、うっていう、もうちょっと考えて歩けばいいのに、服装考えたらいいのに、っていうレベルじゃないですか。
そういうスイッチのときではないからね、っていう。
ごはん食べてる、ごはんを食べたいと思ってないときにポンと出されてもさ、いやいやそういう感じじゃないから、ご飯にたとえてもナニかもしれないですけど。
妙に肌の露出が高いからってさ、それは度をわきまえてもらわないと。
なんでもかんでも喜ぶわけじゃないよね、男だって。
逆に考えたらいいのに、なにをやってんだこいつは、って思うときもあるからね。
メールいきます。
・キャバクラで働いてるが、自慢話をする人が多い。
だってさ。
いるでしょうね。
でもやっぱ思うのが、過去にもこれ系の話をきくとさ、なんでもうちょっと頭使わないのかなって思うんだよね。
そういうふうになっちゃう男の人って。
たとえばお店で横柄にするだとかさ、なんかいろいろあるじゃない、項目が。
これみたいに過去の、そういうキャバクラとかで過去の栄光を自慢するだとか。
そういうすべての項目をひとつのカテゴリーにして、嫌われるカテゴリーとして何故脳にインプットできないんでしょうか。
そういうことしちゃう人て、深く考えなくたってさ、そんなもの話聞かされた女の人とか、横柄な態度とか接した彼女とかはいい思いするわけないですか。
なんでそれがわからないのかねー、って大局的に見ちゃうんですよ。
そういうことにすら気づかないんだったらちょっとアホでしょ。
もしそういう気持ちが起こったとしても、たとえば、横柄な気持ちになりそうになったり、過去の自慢をしそうにしそうになっちゃったときに、カテゴリーとして、今からやろうとしてることは嫌われるカテゴリーだってわかってさえいれば、衝動を止めらんないですか、って思うんだけど。
わかんないんだろうね、その辺が。
お酒だったり。
そのへん研究したほうがいいよ。
ポパイとかみて、そういうの見て研究するひまあったら、そんなことよりこういうことしたら嫌われるってのはもっとさ、そんなもの見なくたって人としてって考えればわかるはずなのにね。
当然ながら、過去のこと自慢してるってことはイコールだよね。
イコール今だめだってことだから。
なんでそこまでわからないかな?って思うんですけどね。
わかんない人いっぱいいるのよ
これを聞いてる男の人もよく肝に銘じて
もてないよ。
それじゃもてないよ。
そうでしょうね。
今成功してるって人はやっぱり今現在のは別に多くは語らないでしょうし。
別に主張しなくたってにじみ出るでしょうから。
そういうのは。
主張するってことは自分に自信がないから主張する。
補おうとしてるから、プラスアルファ補おうとしてるから言うわけでしょ。
言えば言うほど自分自身分かってる、自分は今だめだ、ってね。
今の自分はだめだけど、前はすごかったのよって言いたくなっちゃう。
これわかりやすいですから、だめだね、それじゃ。
こうただ、こういうの見ると思うけど、あれですな、社会では日々攻防戦ですな。
男女間の。
なに?戦争だね、戦場だね。
異性の気を引く戦場ですね。
あの手この手を使って。
メールだったりお金だったりトークだったり、いろんなことで、人間の本能ですかこれ?
異性の気を引くために生きてるみたいなとこあるんだな、と思ってね。
これみてると。
大変だな。

映画です
どうですか最近は
吉田:最近見てない
まだ見てないの?
吉田:インディジョーンズ以来みてないですね
まだ見てないなインディジョーンズは。
見ないんじゃないかな。
シリーズ自体が、どっか入り込めないテーマ性があるのよ。
考古学者がドタバタする。
だからね、僕は思った。
僕が入り込めない映画のテーマにはいくつかあるんですけど、財宝を狙う系でしょ。
ね、お宝。
それだめなのよ僕は。
財宝に興味ないから。
お宝、そいつが見つけようが見つけまいがってところがあるので。
そんなんいったらね。
吉田:ファンタジー系もそうですもんね。
そうなのよ、ロードオブザリングとか指輪がどうこうとかね。
別に俺いらないしな、って。
俺自身が、あー、それ俺もそれほしいって思えたらもうちょい入り込めるかもしれないけど
いやいらないし、ただそれ実際ないだろうし、って。
どうでしょう。
だめ?
吉田:興味なさそうですもんね。
なかなかこれが難しい。
・奇跡のシンフォニー
これね、CMでちょこちょこっと見ましたが。
泣ける系なのかな?
感動?心が温まる?
まあこういうのもいいんだろうけど、僕は思ったけど、子供ネタ、やっぱそのへんは
ひとつなんかこう
犬ものとか動物モノとかと共通するなんか、かわいらしい男の子、子供系もやっぱひとつのジャンルでしょう。
あれずるいですね、なんで男の子、小さい男の子はいいんです世別に、汚い子は出てこないんですか、主役。
すっごい美少年じゃないですか、だいたいが。
外見的にね、ぶつぶつだらけとかないじゃないですか。
すごく太ってるとかないですもんね。
やっぱりそれもひとつこう。
そりゃこの子がなにやったってそりゃこころ温まるよね、みたいな配役、そんなんいったらきりないか。
そんなものは俳優なんてみんなそうですもんね。
吉田:あんまり子供ものとかって、
めったには。
うーん、子供だからってことは全然ないですけど。
むしろ子供でもいいんだけど、やっぱストーリーじゃないですか。
だから、でもね、そんなん言ってオリバーツイストは見たな。
あれはけっこうおもしろかった。
ただあれは別に映画館に行ったわけじゃないな。
ツアー先のホテルでペイで。
それで見た。
やっぱこういう性格だからさ、あんまマイルドで美しいってのが興味そそられないから。
むしろ子供が出てる系で好きなのは、それ目当てで見に行ったわけじゃないけど、やっぱりハンニバル。
ハンニバルライジングがハンニバルレクターの少年時代、何故ああいう怪物になってしまったのか、っていうシーンはずっと子供だったわけ。
ハンニバルの小さいとき、で、妹。
ちっさな妹とハンニバルがひどい目にあうんだよね。
戦争、戦中にドイツ軍とか、ドイツ軍だっけ?ロシア?忘れたけど、
兵隊に親を殺されてひどい目にあうんですよね、妹もひどいめにあってそれで回線切れちゃうみたいな。
やっぱハンニバルだからなにしろストーリー的にはエグいですよね。
だけど小さい子供が何故そういうふうになっちゃうかってのは見事になんかもう、すごかったよ。
それはもうよかったですよ。
極端だね。
吉田:そういう感じだったら興味をそそられる?
いや、どうでしょう。
それを言っちゃうと俺もおかしなやつだと思われちゃうんで。
ただやっぱ、この奇跡のシンフォニーは見てないからあれだけど、でもやっぱそういう映画でがってやるもの見ると、いつも思うのは天才子役ですよね、たいがい。
よくね、あんな小さいのにそういう演技力あるよなっていうと天才子役ですよね。
すごいなと思う。

禁断の果実
・いまだに写真を撮るときに逆ピースをしてしまう。
逆ピースってなんですか
表裏が逆ってこと?
吉田:あごらへんにもってくると顔がちいさく見える
ちっちゃくなんの。
うそーん。
そんなささやかな抵抗ですか。
逆ピースか、俺それちょっと、そうなんだ。
ギャルはそうなんだ。
吉田:今の若い子達もやってんですかね。
わからん。
逆ピースってさかさまなのかと。
手首がものすごいひねらなきゃな、っていう。
すいませんわかんなくて。
でも別にこれくらやったらいいんじゃないのとおもうんですけど
それが表が裏になるからなんなのって話で。
いいじゃないピースが表だろうが裏だろうがね。
え、イギリスでは逆で、放送禁止用語になっちゃうんですって。
外国でできないじゃないですか。
危ないよ。
外国で写真とるときやったら通行人の人怒るかもね。
これは禁止ですね。
別に俺は好きにしたらいいのにって思いますけどね。

ふつおた
・渋谷の交差点でまえのおばさんが財布をかばんに入れようとして落とした。
いいことをした、と。
僕はね、思うんだけど
目を丸くするってよくいうじゃない
目は丸いでしょ、最初から。
目を丸くするってどういうことだろってよく思うんですけど。
角張ってはいないよね。
目を見開くっていうことですか
見開くと丸に見えるってことですね、まぶたが。
あ、そういうことか。
吉田:漫画とかも驚くと目マルクなってますからね
漫画はだいたい目丸くないですか。
はい。
財布ね、僕やるのは、車乗るときに、ケツポケットに財布入れてるから車乗るとき座るとさかさばるんで、助手席に置くんですよ。
それを忘れて駐車場に停めちゃって、で、家に帰って、で、ずーっと気づかないままなのね。
で、次の日とかまた出かけるとき財布ないと。
あれ?どっかで落としたかしらとか、あ、でももしかして、と思って車見に行くと助手席に置いてあるってことはよくあるんですよ。
危険だな。
まあそうなんですよ。
落としたら大変ですよ。
現金はともかくとしてカード類だとか免許証だとか全部入ってるから再交付が大変で。
だから絶対落としたくないですよ。
[PR]
by minmey | 2008-07-27 21:38 | ラジオレポ

人生初レギンス。

はやり始めてもう何年?本日私は始めてレギンスで外に出た。
私的にナシなアイテムだったんだけど、こないだアウアアでミニスカート買ったときに、あまりにミニなのでどうすべきか、なんて思ってたら、店員さんにレギンスはいたらいいですよー、なんていわれて、それまでナシだたんて思ってたのに、それはいいですねー、とスカート買った足でユニクロ行って買ってきた。
それが先月半ばの話。
で、その後そのスカートは何度かはいてたんだけど、レギンスではなく、下にペチコートをはいて、超ミニからそこそこミニくらいにしてはいてました。
紐でサイズ調整もできたし、レギンスなら絶対足元はサンダルだろ、って思ってたんだけど、サンダルがなかなか見つけられなくて、買ったの7月に入ってからだったからね。
で、今日ついにレギンスデビュー。
いやー、楽だ。
楽すぎて若干不安になるくらい。
まあでもいい感じだったので、今日仕事帰りにまたユニクロ行ってもうひとつレギンス買ってきた。
普通の、プレーンな黒の7分丈。
まだデザインものには手が出せないのよね。
これでCDJに行こう。
[PR]
by minmey | 2008-07-27 18:24 | 日常

働いても働いても

休みにならない。
あと6連勤か。
あまり考えないようにしてたけど。
今日は多少の癒しが欲しくてチロルチョコ買った。
出勤前に。
明日はアウアア行っちゃおうかなー。
8月まで我慢しようかなー。
[PR]
by minmey | 2008-07-26 23:01 | 日常

ピエラーがばれる。

4年いる会社で4年一緒に仕事してる人に今日はじめて「ピエロ好きなの?」と聞かれた。
会社で使ってるボールペンの先に付けてるガチャに入ってたピエロのキーホルダーに気づいたっぽい。
それここ1年くらい使ってるけど。
そして誰が好き?と聞かれて、「潤です」と答えたものの、潤さんのことを潤と呼び捨てで口にしたのは初めてかもしれん。
潤さん、もしくは潤ちゃんとしか言わないもんね。
めっちゃ違和感。
その人はアイジが好きだったらしい。
今は?と聞かれたので、今はボーカルのバンドに行ってますと答えときました。
それにしても何故今頃気づいたのか。
そしてアイジャーということはこれを機会に話がはずむ、なんてこともないな。
あまりアイジについて感想がないので。
[PR]
by minmey | 2008-07-25 18:50 | 日常

BTN7/5

こんばんは、キリト5600です。
吉田:なんですか?5600って。
5600cc。
燃費がねー、かかるよね。
ガソリンあがってるし。
どこまで上がるんですかあれ。
たまらんね。
どうしましょ。
変わるものありますか?なんか。
なんか電気で動く車とかあるんですか。
エコカーですか。
吉田:まだ一般的に発売されてないですからね。
電気っつってもね、原油があがって電気代もあがるじゃないですか。
ガス代とかもさ、電気、ほかに何かってことに。
水とかで走ればいいのにね。
困るね。
7月に入りました。
今喋ってる現在は、7月入ったばっかり。
どうですか?なんか変わりますか。
吉田:なんもかわってないですね。変わりましたか?
うーん、特には、ただしいていえばその最近ほら、僕はブログをはじめてるじゃないですか。
まーちょっと、ほかの人の、なんかあるじゃないですかタレントさんのブログとかを参考にしつつ、こういう感じー?みたいなんでやってたんですけど、ちょっとなんかあるんじゃないかなと思い始めてます。
ただね、やっぱりああいう、今までFCのサイトの有料会員制のブログはやってたですけど、やっぱりああいう誰でも見れる一般的に誰でも見れるブログとかだと違うね。
反応がね、いろんな人からいわれますからね。
最初のうちにバーっとちょっとランキングも上がったりとかってのがあって、いろんな人に見られる。
けっこう見てますよいつもなんてよく言われるし、あとやっぱり、あー、と思ったんですけど、自分でぜんぜん気づいてなかったんだけどやっぱり周りの人、一般の方もそうだし、あと業界の人だったり、それこそミュージシャンの人だったりタレントさんだったり、僕に対するイメージをね、知ってる人に関していえばイメージを、あ、そういうイメージで見られてるんだっていうのがあって、けっこう思ってたより怖い人だと思ってたけど、けっこう気さくな感じなんですね、とか言われることもけっこうあったりとか、そうそうだからそういうタレントさんなんかでも、キリトさんちょっと怖いイメージあったけど、けっこう砕けたかんじでほっとしましたっていわれたことあってね、そういう意味では誰でも見れるブログはそういう意味合いもあるのかしら、と思ったのと同時に、どういう見られ方を俺はされてたのか、っていうハッとするってのはありますね。
気難しいとかさ、怖いといわれることよくあるんですよ。
そうですか?
でもさ、僕にいわしてもらえば、あと、昔からのキリトをよく知ってらっしゃるファンの方からしてみたらそういってくれると思うんだけど、変わってないですよ僕はぜんぜん、昔から。
なにも別にそんなカリスマぶったこともないし、なんだろ、なんか変に無骨な感じを演出したことも一度もないですよ、これ。
のにもかかわらずそういうふうにみられることあって、でもラジオでしゃべったりだとか、普通にインタビューだとかだって、アホなこというときなにも作ってないですからね。
だけどやっぱそういう風に見らるとこあるんだな、と思って。
なんかそういう気難しいのはある意味はそうなのかもしれないけど。
そんな必要以上に自分のキャラ作ったことないですよ。
大昔のラジオとか聞いてもらえればわかるけど、今となんもかわんないからね。
今よりむしろ無理してあほなこと言ってたくらいの時もあったですから、デビューのときとか。
それなのに、そういうふうにみられちゃうんだよね。
カリスマぶってる的な、ぶってる的なこと言われるんだけど、結果的にそう見られるということは、いやいやまさかぶってるのかしらとかっていうよな。
まったくぶってないですよね。
このラジオだってそうじゃないですか。
第1回から何にもテンションかわってないですよ。
このC調なな感じ。
だから別にいいんですけどね、なんかあ、そういうふうに思われるんだっていうのが最近感じて。
ただ、何一つ無理に作ってることはないし、自分のキャラをどこにもっていこうかなんて考えたこともないんで。

きりかつ弁当
・レコーディングで調子が出ないときの対策は
特にはないです。
吉田:でないときもあるんですか?
いや、だいたいね、レコーディングではいつも同じ調子なんです。
わりと気の持ちようなとこある。
わりといつもどおりに臨めば、だいたいいつも同じ調子です。
気の持ちようです。
あ、なんかこれから読むメールの内容につながっちゃいました。
・ここぞというときに失敗してしまう。
まあだから気の持ちようにつながるでしょう。
まあでもわかってはいてもそうなっちゃうけどね。
不安に思ったり、ネガティブなこと考えると頭よぎるとうまくいかなかったり、あるでしょうけどね。
これはほんと気の持ちようなんです。
訓練じゃないですか。
吉田:キリトさんも訓練したんですか。
訓練、うーん、なんだろ、自分の中であるんですけどね。
仕事方面とかわりとプライオリティが高い部分、ここははずせないぞ、っていう緊張感のある部分に関しては確かに気持ちの持ってきようがうまいとこあるかもしれないですね。
ライブだったりレコーディングだったり、もっとそういうそういうような重要な場面に関しては。
プライベートでもそうですね。
ここはずしたらやばいってときはもう集中、そのときの集中力はあるほうだと思うんですけど。
ただ、もっとしょうもないことに関して言えば、けっこうあるんです。
僕もそういうなんか、あー、やっぱりーみたいな。
ただ、それは生活の中でプライオリティ低い部分だから。
なんだろ、それこそほんとに信号とかね。
もうここなんか黄色くなりそう、みたいなとき必ず黄色くなっちゃう。
自分のとこでばって止まっちゃったりするとき、もう!みたいな。
けっこう細かいことあるんだけど、もっと重要なときになると疑わず、成功のイメージしか持たないようにするのは長年培ってきたものでもある。
そういうときははずさないですよ。
やっぱりイメージだと思いますよ。
信号ですらイメージだと思うんですよ。
いけるっていうイメージだけをうまくえがけたら、たいがいうまくいくもんなんですよ。
不思議と。
だからイメージトレーニングですよね。
うーん、そうだから全部っていうのも難しいだろうからね。
ほんとね、じゃんけんですらね、そういうとこありますからね。
勝つイメージだけ持つと絶対勝つみたいなところ。
負けるよなと思う人はじゃんけん弱いとかってよくいいますけどね。
じゃんけんぽん、ほらね。
勝つことしか考えてなかった。
普通に勝ちますから。
吉田:もいっかいいいですか。
じゃんけんぽん。
吉田:あ、いま負けるかもって。
イメージしたでしょ。
不思議とそうなのよ。
じゃんけんてね、けっこうそれの最たるものだったりするのよ。
グーチョキパーの心理戦だから、もうなんか変な話、目とかオーラとかで、パー出せってちゃんと念じられたら相手は出すものだから。
これだから集中力だったりするから。
これもうやっぱ向き不向きもあるかもしれないけど、トレーニングでどうにかなると思う。
だから自分の生活の中で100%そうしようと思わないで。
半分、軽いことに半分捨てて、量で言えばね、重いことになるべくもう半分を使うようにして、うまくコントロールすればけっこううまくいくと思うんですね。
プライオリティ決めて、フィフティフィフティのバランスぐらいで、このへんはいいや、だけどこの辺は集中してみようみたいに日々の生活でやってみて。
そしたらけっこううまくいくから。
僕、それで人生歩んできたとこあるんで、捨てるとことはずさないとこ。
選んでるとこあるんで。
喝、ね。
男として一本立ちできるような喝だって。
どんなんだよ。
そこでアッパーだよ、そこで踏み込んでアッパーだよ。
吉田:セコンドっすか。
ちょっと輪島。
よくわかんない。
これもイメージだから。
モデルがちゃんとしたのない、イメージだけで輪島っぽい雰囲気。

勘弁してよ
・焼肉食べに行ったら出てくるのが遅かった
よっぽど楽しみだったんでしょうね。
僕は思うのは、焼肉屋行って思うのが、ごはんを頼んだときにね、ごはんを先にって言う癖がついてるんですけど、決まってすぐ来たことないのね。
あれほんと不思議でさ、ごはんなんてなによりよそうだけでしょ。
すぐっていったらすぐ一番先に持ってきていいはずのに、ものすごい遅いんだよね。
あれなんでかね。
吉田:逆にすぐ出せるから後回しにするんですよ。
すぐって言ってんじゃない。
でもね、われわれそういうライブ後のご飯とかでも焼肉行くときはね、もうだいたいそんなもんだと思ってるから、ものすごい、ご飯頼む人は念入りに言うからね、一番先に持ってきてくださいと。
それでも遅いからね、えー、今炊いてんのかな、ってくらい、不思議なんですよ。
すぐって言ったらすぐにね。
だから今なんか肉切るより先にご飯持ってきてくださいってゆわないとな。
とにかく持ってこい。
焼肉屋か。
最近行ってないかな、焼肉屋。
どうです?行きます?
吉田:そんなに行かないですね、キリトさんと前スノーボード行ったときに行きましたね。
あー、行ったね。
半年くらい行ってないでしょ。
吉田:それほど肉食べれなくなりましたね。
まあね、あんまにカルビはそんなに食べれなくなったね。
やっぱミノとかかな。
ホルモン系が内臓系でしょうか。
カルビ食べれなくなったね。
あんまりに脂っこいのは。
だからへたすると最近だと焼肉屋行ったりしてもたいがいもうサラダとか、せいぜいミノとか、割とそういう焼肉屋言ってるくせにあっさり系にしたいところがって。
だけどやっぱり焼肉屋まできといて、そんな感じだとちょっと店の人にもあれかなとか思ってカルビとかロースとかそういうメインな系は会社の若い子とかに食べて、俺は一切れも食べないですよ。
カルビはその若い子のためだけに頼んだりとかしますけどね。
焼肉屋か、腹減ってきた。
どうなんでしょ、焼肉屋って儲かるんでしょうか。
タレントとか、なんかお笑いでいたでしょ。
たむけん。
テレビでやってたけどタレントはバイトみたいなこと言ってたね。
確かにね、そんなにじゃあ焼肉屋であんなに儲かってるんだったらあんな裸でふんどしで、ふんどし?ぱんつか?
ブリーフいっちょでね、出ることはない。
吉田:宣伝活動かもしれないですよね。
あー、そうですか。
焼肉屋か。
吉田:やりますか?
いや、いやいやいや。

男ってててててて
何回言ったでしょう。
吉田:5回ですか?
6回です。
・彼氏には浮気も勝手にして、携帯も興味ない、同じ部屋にいても違うことができる人がいい。男の人は物足りないですか?
束縛か、どうですか束縛?
吉田:多少は必要だと思いますけどね。
まったくないのもあれですけど。
まあね、だから僕は思うのが、そういう人でもいちおう彼氏彼女の契約は交わしたいわけだよね。
そこが僕は前にも言ったかもしれないけどよくわかんないから。
契約制のものにはあんまり、なにそれってもともとあるので、もっと内容じゃないですか。
だから束縛束縛言ってもね、お互いがそういう雰囲気で、契約っていつするんですか、それ。
どうするんですか、それ、俺、ほんと不思議なんですけど。
今日から彼氏彼女ねってどういうふうに契約するの?
僕はね、自分を振り返ってみてそういうの見当たらないんですよ。
自然とそうなってることしかないので。
で、やっぱりそういうときって特に契約交わしてないけど、実際内容がそういう感じになるじゃないですか。
だから、多少の束縛ももしかしたらあるのかもしれないけど、束縛って感じじゃないよね。
お互いがホットな時期だから。
それはやっぱお互いのことに関心があるから、それが結果的に別の言い方したら束縛ってことになるのかもしれないけど、それがもしなくなっちゃったとしたら、契約そのものもないでしょ。
それは今度普通の人でいえば、別れるための儀式みたいなのも必要になってくるわけでしょ。
別れたいんだけど、とか。
自然消滅じゃなくて、そういう話し合いの場を持つわけでしょ。
俺そういうのぜんぜんわかんない。
その同時期にそう思えば、特にそういうやりとりなくてもそうなっちゃうってことばっかだったからね。
なにをそうやって普通の人たちは、他の人たちは、付き合うときも契約のぎしきがあり、別れるときもあるわけでしょ。
そういうの目の当たりにしたことないからわかんないけど。
どんなレクリエーションなんですかって感じなんですよ。
そういう意味で言えばこのメールの内容でいってもさ、お互い束縛もせず、同じ部屋にいても違うことをして、たとえば浮気も勝手にしてと思ってたり、携帯にも興味ありませんって。
そんないろんな意味で興味がないのに、彼氏っていう関係は続けたいわけ?って思っちゃうんですよね。
ちょっと一般の人たち契約に目が行きすぎなんじゃないかな、と。
内容でしょ、大事なのは。
結婚っていったらわかるけどね。
結婚は儀式必要だしさ、社会的にいろいろあるわけだから、スタンスが。
だけど彼氏彼女ていったらわりとアマチュアじゃないですか。
アマチュアだから名乗ってればそうだってことになっちゃうから。
自称でしょ、自称。
ね、だからなんなんだろうって思う。
ちょっと意味が分からないっていうか。
なんか小指に針さして血の血判とか、今日から彼氏彼女でございます、みたいな届出だすわけでもない。
だから届出制にすればいいのにね。
ここまで一般の方たちそうやって
彼氏彼女の儀式にこだわるんであれば。
届出制にすればいいじゃん。
プチ結婚、結婚までいかないけど。
なんでしょ、役所に出すまでもなく、郵便局かどっかに保管してもらうみたいなね。
公正証書みたいに、いちおう郵便局くらいには保管してもらって、みたいなレベルでやっときゃもっと意識高まるんじゃないですか。
付き合うってことに。
そうすれば、なんかいろいろあるじゃないですか。
もっと子供の時期でいえば、勝手に向こうが彼氏だと思ってるだとかそんな話もあるじゃないですか。
片方だけが付き合ってると思ってるけでもう片方はそうは思ってないみたいな、すんごいあいまいなお遊び的な感覚あるから。
一応子供でも郵便局とかいって、プチ公正証書みたいに預かってもらえれば、彼氏彼女みたいな。
ポイントカードみたいなの。
1ヶ月目2ヶ月目とかってはんこ押してもらったらね、ディズニーランド200円安くなるとか。
なったらいいんじゃないですいか。
吉田:そしたらいざこざがちょっとはなくなるんですかね。
わかんないけどね。
ものすごいまた話脱線しましたけど。
まあいいんじゃない。
いいんじゃないっていうか同じように思う人もいるだろうから。
束縛されたくない、同じ部屋にいても別のことしていたいって。
違いはあるわけだから。
いいんですよ、同じ価値観の人同士付き合えば。

映画
今聴いた話だとシャマランのハプニングが全米で3位と好成績ということで。
なんかねー、この番組でも僕はさんざんなこと言ってきましたけど。
今度はじゃあおもしろいんでしょうかね。
僕もだから見たいですよ。
ただ何回もはずされてるから、心が傷ついてるっていうのが。
臆病になってるってとこがあるよね。
またふられたらどうしよう、みたいな。
おもしろきゃいいんですけどね。
ハプニングかどんなんだろうな。
日本ではいつごろでしょうか。
もう見ますよ、それは。
・スピードレーサー
マッハGOGOGOの原作を知ってる人どれだけいるんですか、けっこう昔でしょ。
記憶ではむかーしアニメでやってたような感じで、原作なんていうのは僕は見たことないな。
マッハゴーゴーゴー、なぜ今なのか。
ぜんぜん僕はわからないんだけど、CMでちらちらみたかな。
けっこうわりとサイケデリックな雰囲気ですよね。
今の技術だからできるみたいなことでは判る気がするけどね。
これなに?ハリウッド映画ですか。
ハリウッド俳優が出てるんですか。
真田広之が出てる。
真田広之はもう完全にハリウッド俳優ですよね。
すごいですね。
ラストサムライあたりから完全に。
いいですね、でも日本の俳優さんがハリウッド映画のメインに出てくると。
スピードレーサーか。
見てみたい気もするけれども。
アメリカではあんまり調子はよくないと。
ウォシャウスキー兄弟ってなんだっけ。
マトリックスか。
兄弟でほんとにやってんですか。
ゆでたまごみたいな感じですか。
不二子藤雄は兄弟じゃないんだもんね。
どっちがゆでなんですかね。
そういうことじゃないですか。
ゆでとたまごじゃないんですか。
そっか。

禁断の果実
・気を持たせるつもりはないけど、元彼に誕生日おめでとうメールを送ってしまう
だってさ。
あのー、やっぱり元彼3人までメールアドレスをそのままなんだね、てとこでまず僕はちょっと驚いたんですけど。
元彼がどのスパンでチェンジしてるのかわからないけど。
僕はね、メールアドレスにしろ電話番号にしろすぐ変わるんで。
だからそういうのありえないですよ。
で、アドレスも電話番号も変わった段階でまだ付き合いのある人たちに対しては新しいの教えるじゃないですか。
だけど、たとえば元付き合ってた人だったり連絡取らなく人にはとうぜん教えることないじゃないですか。
常に常に今かかわりのある人にしか新しいものは教えないので、だからこういうことはありえないですよね。
吉田:あれキリトさん変えられました?
僕?吉田くん知ってんのはかわってない
吉田:こないだ新しくメール送ったら返ってきたんですよ。
マジ?あれ、変わったかな?
吉田:今それ聞いててかかわりがないのかと思って。
いやいや、細かく変わるのよ。
機種をね、機種を変えたくなるのよ。
機種変えたらアホなんかもしれないけど、機種変ではなく新しく入る。
だから。
今なんかもはや新しいの使ってますけどもはやアイフォンが気になってるもんね。
どうだろあれ、みたいな。
どうだろ、わかんないな、リサーチしてるとこなんだけど。
どうなのよ、みたいな。
ただ気になるってことは買うだろうな。
ちょっと話ずれましたが。
メール、メールは完全に一般的にあれですね、年賀状みたいなことも全部メールでやる。
元彼に誕生日おめでとうメール。
吉田:普通の人はそこそこかえないですよね。
変えない?アドレスを?あ、そっか。
なんか挨拶みたいな感じなのかな。
勘違いしてもおかしくないよね。
でもね、僕は最近ねやっぱり価値観を、わりとある種一部分はやわやわにしとこうと思ってんですよ、最近。
じゃないと理解できないこと多いので。
特にほら若い世代の人たちの考えかたいちいち真に受けてるとイライラするじゃないですか。
僕の価値観の中の6分の1くらいはふにゃふにゃにしとくんですよ。
だからこういう話きいても、まあそういうことあるよね、ぐらいに受け止める部分が脳の6分の1ぐらいは用意してる。
そうするとなんかべつに、なにー、とか、俺はねー、みたいな頑固親父みたいなこと言わなくてすむから。
最近そういうことにしてますよ。
そうすると割ともっと楽に生活できるから。
じゃないと誰とも話し合わなくなっちゃうでしょ、若い人と。
だからお勧めですよ、価値観古い方は。
なにも考えない部分を6分の1くらい用意しとく、脳みそに、そういう系の情報は全部入れちゃうようにすると割と感情が平坦な感じで。
そういうこともあるよねー、って。
こっちもぜんぜん中身のない言葉で、あるよねー、って。
いいんじゃないですか。


**************************

OP:ブログの反響について。いやいや、昔恐かったじゃん!ああみえて実はやさしいのよ!とも思ってたけど。
きりかつ:イメージでじゃんけんに勝つキリト。やっぱただものじゃないね。
勘弁:ごはんが遅いのは肉食ってほしいからじゃ?
男って:契約の儀式って普通、男が付き合ってくださいといい、女が了承する形でスタートするんじゃ?
映画:シャマラン今回どうだったのかなー。
禁断:私は価値観半分くらいをやわやわにしてる。
[PR]
by minmey | 2008-07-23 21:02 | ラジオレポ

以前の記事

2016年 12月
2014年 12月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 04月

検索

ブログジャンル

音楽
旅行・お出かけ

画像一覧