P!にっき2


AngeloさんやCUEさんについて語ってることが多いです。
by minmey
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

BUZZ ROCK

キ:キリト
か:かりゅう
下:DJしものさん

下:今夜のゲスト、アンジェロからこの二人です。
キ:どうもボーカルのキリトです
か:ギターやってます、かりゅうです
下:こんばすろーーーっく!
キ:ふっ
下:いやいやいや
か:こんばずろーっく(小声)
下:キリトさん鼻で笑いすぎですよ。わかりやすく鼻で笑いましたけど。
キ:ちょっとエコーが、ナチュラルエコーがきいたなって。
下:かなり力入っちゃってました?
キ:すごいプロだな。
下:ほんとに褒められて恐縮ですけども、二月以来の登場、しかもかりゅう氏はアンジェロなってバズロック3回目。
か:なんと、3回もくることになってすいません。
下:だいぶホームの感じがありますよね。
か:だいぶなじんではいるんですけど、なにぶんしゃべりはやっぱりまだまだだなと思ってます。
下:ほんまですか。前回登場の時もとにかく演奏はもちろんだけど、ステージングのMCがすべてだっていうね、
BIGCAT終わりのインタビューなってましたけど、長いツアーをやってだいぶ喋りの方も鍛えられてるんじゃないですか
か:いやもう、短縮して押しだす感じで。
下:短縮して押しだす?
か:無駄なことを言うとやっぱどんどん落ちてくんで
下:テンションがね
キ:MCはほんとに、MCでそんなプロじゃない、素人じゃないですか。ウケなくていいんですよ別に全然
下:毎回ウケてますよ
キ:僕はでもプロですから。MCも込みじゃないですか。
下:そうですよね。
キ:演奏の人たちは演奏頑張ってればいいんであって、変にウケようとすると逆に行くじゃないですか。
下:そういったものもすべて凝縮して先月ですね、ドキュメントのDVDがリリースされました。
「CORNER STONE OF THE FORBIDDEN TOWER」
メンバー5人のインタビューと、前回のツアーの模様をドキュメンタリーで追いかけた一枚になってるんですけども。
これびっくりするのはこの話をしないといけません。
DVD、1時間4分20秒くらいから、なんとこのバズロックのインタビューの模様が、かなり長めに入ってまして。
キ:大丈夫ですかちょさくけん的には
下:えっと毎回キリトさんはお金を下さいっていうね、今日は僕もギャランティの話を。
キ:その辺じゃあ交渉さしてもらって。
下:びっくりしました。けっこう長尺で入ってたんで、そうとううれしかったんですけど、この場を借りてありがとうございました
キ:こちらこそありがとうございました。
下:だって普通のなかにうちのディレクターの背中から、僕らのインタビュー。
キ:そうですねうちとしてはそういうようなバズロックの雰囲気をみなさんに広く知っていただければなってとこで
ちょっとした宣伝も僕の気持にはあるんで、あとで宣伝料的な。
か:うまいなー。
か:そういうふうに言うな
下:これまた平行線の、
キ:言いづらくなるわ
下:だからスペシャルサンクスに入ってなかったんだ、テロップがなかったもんな、最後ね、ディレクターのオッケーまで全部込みで入れさしていただいて、うれしかったですよ
今のね、アンジェロどういうふうな経緯をたどって結成されたのか、ゲリラライブのところから前回のツアー
たっぷりしっかりと入ってますんで、よかったら僕の喋りも見ていただきたいと思います
それを経て、今回ツアーが香港台湾からスタートして、いよいよ追加公演をのこすのみとなっておりますが
キ:はい
下:先週木曜日は大阪なんばハッチでライブありました。
ここまであと追加公演のみ。いかがですか手ごたえというか。
キ:今回ホントに初海外のワンマン、アンジェロとしてはってところで、香港台湾からはじめたんで
わりとなんかこうまた新しいステージに行って、始めるぞって感じが強いツアーだったんで、台湾も香港もほんと盛り上がったんですけどね、
で、横浜戻ってきて、日本のツアーということで、
さすがにそれはそれでさすがに日本のファンはやっぱりすごいなってのも感じながら、なんかつっぱしってきた感じですね。
下:かりゅうさんいかがですか。
か:僕達の気持ちもそうなんですけど、お客さんの、盛り上げるぞみたいな気持がすごいんです。
だからもう毎回闘ってる感じっていうんですかね。負けねーぞ、みたいな。そんな気持ちでやってます。
下:DVDの中でもかりゅうさん言ってたのは、前回のツアーに関していうと僕はあえてアイデアを出さなかったと。
出す必要なかったし、そん中で自分がどんだけできるか挑戦したけど、次のツアーから違うよ、みたいな発言ありましたけど
今回なんか盛り込んだりしたことあるんですか。
か:うーーーん。そんなにはまだ言えてないんですけど。
下:言いましょうよ。なんでそこでビビるんですか。
か:その、アイデアが浮かべばやっぱあの、瞬間瞬間じゃないですか。あ、(言葉に詰まる)
下:たとえばアイデアってライブにおける自分のアイデアってどんな感じですか
か:たとえばオープニングでもっとこうしたらいいんじゃないかなって思ったらちょっと言ってみるとか
下:はい
キ:いろいろ攻められるのが好きなんで
か:何言ってるんですか。
キ:どエムなんでね
下:それご自身でもね、おっしゃってるかもしれませんけど
か:おっしゃってないです。
下:今回ツアーでじゃあこんなんどうですかって言ってないんですか
か:まあまあちょいちょいは
キ:あの、かりゅうが今んとこ言ってんのはわりと音的なことの方が、多いから、そういうのは
けっこうまかせるというかかりゅうの感覚でそう思えばやってみようかってところはけっこう出てきてますけどね(フォロー)
下:二回目のツアーともなるとやっぱりその一員としての自覚とか、意識とかどんどん高まるところもありますよね。
か:あります。もっとやってかないとなっていうか、先輩方に負けないぞっていう気持ちでほんとやってかないと、ただのギター弾きになってしまうんで
キ:ただのえろいギター弾き
下:しかもどエムなね。
キ:エロテロリストですから
下:久しぶりに聞きましたね。エム字開脚とかやってもらっていいですか
か:伝わらないなー
下:さ、そんなアンジェロですけども
か:どんなアンジェロですか!
下:来週6月27日ニューシングル、リップモメントがリリースされます。
先週のなんばハッチでもいきなりRIPも聴くことができましたけども、新曲というのがツアー中もやり、そしてリリースということで、
この二曲どういった仕上がりになってるのか、あらためてキリトさんから。
キ:まずRIPのほう、結果的には今回の構想の部分では、
ものすごい激しさを持ってる曲と、その対照になる曲っていうのを両A面にしようって感覚があったんで、
とりあえず先に取り組んだのは激しい、激しい曲でもっとこうガッと勢いのある曲をってところを先に定めてって、
そっちはかりゅうから出てきた曲のほうで今回のRIPの原曲になるものを先に決まったんで、
それを受けて対照的なものってどういうものにするんだろうかってところは僕の方でそのあとから考えたって感じで。
やりようによっては今回モーメントは同じような疾走感なんだけど、
どっちかっていうとメジャー感があったりだとかポップな部分が結果的にフューチャーしたんですけど
やりようによってはね、バラードって選択肢もあっただろうし、いろいろあったんですけど、
やっぱり、どっかその土台にライブ、ライブでどう見せるかっていうところが土台になったような気がするんですけどね、結果的ですけど
下:RIPのほうは映画骨壷の中で使われたということでキリトさん普段から映画好きを自認されてますし、自分の曲が採用されるって
感慨深いものあるんじゃないですか。
キ:やっぱりエンドロールにね、流れてくるっていうのはいいよなって思いますけど。
下:実際にご覧になりました
キ:仕上がったやつは見してもらいました。われわれの作った作品に関してきっちりやれてると確認しましたけど
下:そして作曲者としてまたまた採用されたわけですけども、ご自身RIPはこういう曲だよっていうのはききどころいみたいのをね
か:ききどころは、やっぱり、
下:だんだんテンション下がってません?大丈夫ですか
か:大丈夫です
下:さっきのどエムあたりからだいぶ下がりましたけど
か:ふわって時々あがるんで
キ:うちのメンバー全員どエムなんですが、全員と言うか僕以外なんですけど
下:関係性そうですよね、一人くらいエスいないとね
か:何の話ですかこれ。
下:いよいよ来週発売されますんで、このバズロックでもいちはやくかけさせていただいたRIP/MOMENT両A面シングルとなってます。
アンジェロとしても初の両A面シングル。
そして今回のツアー残すは東京のみ6月30日東京NHKホールで開催されます
現在特別リザーブチケットの電話予約をおこなってます。
(略)
キ:今回のこのNHKホールに関してはいろいろ来ていただいた方には楽しんでもらおうと思って
今回のシングル、RIP、MOMENT、The Crime to Cradleって関連性のある世界観つくってきたんですけど、
ストーリー的なもので、
ただ自分の中でそのもういっこさきっていうのけっこう
用意してて、その先まで聴いてもらうと、あ、こういうことなんだって思ってもらえるようなつくりが頭の中にあったんで、
CONVICTIONていうまだ全然発表してない曲を、今までも初の試みなんですけど
NHKホールで、初だし、がしっとやって、
その演奏の状態をリアルタイムで収録したものをDVDの形にして、入場者の方全員に、ま、希望された方。
下:いやいや希望するでしょ。
キ:全員に差し上げるという試みを、その日に収録したものをパッケージしたものを後日さしあげるということで、
下:はい、そういった試みが今回の追加公演で行われる。
キ:そうですね
下:DVDも楽しみですけど、そのまだ見てない曲と3曲をどういうふうにセットリストにちりばめるかってのもたのしみだったりしますかからね。
キ:NHKホールで演奏するための準備ってのも今からいろいろかからなくちゃいけない
時間的にはタイトな中でそうとう大変なんですけどね、
ただまあNHKホールどうせだったらすごいものにしたいし、
来てもらった人達にね、なんかちょっとでもお得な気持ちになってもらえればと思って。
そこはそのためだったらお金的なことはちょっと。
下:事務所出しますよと。
キ:うるさいですか、お金お金。
下:大丈夫ですよ。はたしてキリトさんはタクシーでくるのか、白い車なのか。かりゅうはあのごっつい車でくるのか
そこらへんもね楽しみにしていただいて。
キ:いやいやもう全然。
か:ジョギングです
キ:チャリです。
下:ほんまっすかー。
キ:今回お金かけるんで。
下:普通にDVD車乗ってんだと思って
キ:あれ、なんかもうなんですかあれ、たぶんレンタカー。
下:コータ氏も白で兄弟で白い車なんだ、仲いいなーとか思いながら
キ:あれはね、見栄を張ってたぶんレンタカーじゃないですか。
実際はもうほんとにチャリでいきたいくらいのね、ご時世なんで。
下:ご時世ですからね。節電ですからね
キ:節電
下:節電はあんま関係ないと思いますけど。
是非是非ね、東京の新しい試みも体感してください
さ、新しい試みで言いますと夏です。
アンジェロ初の主催イベント。
これも東京で行われますが、ザインターセクションオブドグマ、8月17日金曜日
東京渋谷AXでアンジェロ主催、その他ギルガメッシュリンチメリーサディというメンバーが一堂に会するイベントが開催されます。
これほんとにオーガナザーとして、キリトさん自ら、交渉したっていう。
キ:まあ直接交渉したのはイベンターですけど、最初の構想の段階で、
このバンドがいいっていうのは僕の方から意見さしてもらって、で、事務所経由でオファーさしてもらってって流れですけど。
全バンドさん、二つ返事でオッケーくださったんで。
下:これまたやらしい言い方なりますけど、そもそもアンジェロがサディっていうのはわれわれバズロックプレゼンツの
キ:そうですそうです
下:バズマニアックスのときが最初っすよね
キ:それが最初の出会いで
下:ライブ終了後、キリトさんがサディの楽屋のとこいって挨拶されてるの僕みてましたもん
キ:行きました行きました
下:そっからこういう風になった。これ当然バズロックにお金が発生するということでよろしいですよね。
キ:あ、その辺ちょっとじゃあお互いにどういう形で成立させられるか
下:これはかりゅうと一緒で平行線ですね。トークと一緒で。いかがですかかりゅうさん
か:どのバンドもほんともかっこいいと思ってるんで、もうほんと胸借りるつもりでぶつかっていきます。
下:借りますか?
か:借りますよ。
下:これはいったほうがいいんじゃないですか
か:まあ気持ち的には負ける気なんてさらさらないつもりではいますけど、
下:しどろもどろです大丈夫ですか
キ:かりゅうの場合胸借りるっていうか、胸、
か:こらー。
下:夏の渋谷AXが大変なことなりそうなんでね
か:凄い頑張りますね。
下:是非是非ね、関西からもいきましょうよ。
ほんとバズロックのファミリーと言っていいみなさんが参加するんで非常にテンション高いし、
サトシまおとの3人のショットの雑誌とか見るといろんな時代の流れとか感じたりしますもんね。
キ:そうですね、世代としてはもうずいぶんと離れちゃってるのかもしれないですけど、
僕が勝手に思ってるかもしれないですけど、すごい同じ目線なんですね。僕はね。
下:ただ二人はチョーびびってましたけど
キ:マジですか
下:会うまではね
キ:会ったらね、けっこう打ち解けたと僕はね、思ってるんですけどね
下:打ち解けてると思いますよ
キ:まおくんなんてほんとかわいい。
下:ありがとうございます
キ:かわいいですよ
下:そう言っていただけると
キ:僕の中ではすごくかわいいなっていうミュージシャンの中に
何人かいるんですけど、まおくん入ってます。
下:よかったです。大阪のバンドなんで是非是非かわいがっていただいて
キ:うちに置いときたいタイプですね。
下:たぶんそれなりばって言ったらなんでも取ってきたりとかするタイプなんで。
体育会系だから是非使ってやっていただいて。よろしくお願いします
8月17日アンジェロプレゼンツのイベントが行われます
お別れは来週発売のニューシングルです
曲紹介お願いします
キ:アンジェロでリップ
下:今夜のゲストはアンジェロからキリトさんかりゅうさんでした。バイバズロック!
キ:ありがとうございました。
か:ありがとうございました。


おまけ
サディのディープインパクト

み:あとね、番組の前半の方でも触れていただいたんですけど、なんとキリトさんの方から
ま:隊長ね
み:隊長、はい。なんとまおさんね、すごいですね。ありがたい話であなた
ま:いやありがたい話ですよ。おうちに置かしてもらいますよ僕じゃあ。それならば。
み:ほんとに?
ま:僕でよければ、僕なんかでよければ
み:かわいいな、って思う中の一人に入ったらしいですよ。おめでとうございます
ま:いやそんな、僕みたいなもんがそんな、あれですよ。優しいんですよ、あの人は。
み:なんですかね、僕もあんまりそこまで深くね、
ま:いや基本的に、優しいです。あ、イメージ、あるんでしょうけど
み:ぼくもあります
ま:危ない、
み:危ないて。
ま:怖いですよ、と
み:カリスマです
ま:怖いですよっていうのもありましたし、けどお仕事何度かちょこちょこっとさしてもらって
み:雑誌対談さしていただいて
ま:あれ、おやおや違うぞと。私の思ってるキリトさんと違うじゃないかと。
いろんなまあまあ先輩いますけども、イメージと正反対やったのは意外とキリトさんが一番かもしれないですね。
み:僕、びっくりしましからね。ツイッターですかね、あなたキリトさんと抱き合っておられたので、おおおおって、僕からすると。
ま:いやいや、あのー、
み:いろんなバンドマンがびっくりしたと思います、あのツイッターには
ま:抱きしめてこられたんですよ。僕もそれちょっとドキッと、あららと。私もそんな、ときめいちゃって私も。
思い出を、思い出をじゃあ取りましょうということで、お願いしますということで。
み:あれはもうファンの方にあなた
ま:ほんと殺されるんじゃないかと思って
み:あんな抱きしめられたの見たことないものほんとにいろんなバンドマン、けっこう後輩の方おられると思いますけどもキリトさん、すごいなと思いまして。
ま:ほんとにね、優しい先輩ですし、やっぱ音楽の面でもやっぱりいっぱい勉強さしてもらってますし、ほんとにね、イベントの方も楽しみですね。
み:八月はい
ま:胸を借りる勢いで
み:勝手に借りましたね今、かりゅうさんのやつぱくりましたね。
ま:借りちゃった
み:いいんですいいんです
ま:楽しみです。
[PR]
by minmey | 2012-06-19 03:05 | ラジオレポ

以前の記事

2016年 12月
2014年 12月
2014年 04月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 08月
2005年 07月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 03月
2004年 02月
2004年 01月
2003年 12月
2003年 11月
2003年 09月
2003年 08月
2003年 07月
2003年 05月
2003年 04月

検索

ブログジャンル

音楽
旅行・お出かけ

画像一覧